「日本博物館のハングル表記は、文化の上流だった国の人たちのための礼儀」

とにかく何が何でも「日本は下」にしないと気がすまない。それが韓国の反日思想の基本であり、幼稚園児から大学教授まで韓国人の基準で「なにより正しい行為」でもあります。それがそのまま「愛国」ですから。

今日は、ある詩人が、上野に行って博物館を見て、その感想を「アジア経済」に寄稿した文を紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)👣

作品を見ながら「天才の作品」としたり、「ここまでうまい見せ方ができる末裔たちのセンスも凄い」としたり、

童子像を見ながら「ドッジ弾平」の話をしたりします。「赤く燃え上がる髪の毛が、熱情と闘志に燃え上がる少年の姿に見えました」、と。ドッジ弾平は韓国でも「避球王トンキ」というタイトルで地上波放送され、大人気でした。

ここまでならよかったかもしれませんが、明らかに寄稿文に不必要なものが目につきました。

「ハングル訳(説明などに)をしておいたのはとてもいいことです。日本文化芸術の上流だった国の人たちのための礼儀や配慮だと思うと、鼓舞されることです」。

http://v.media.daum.net/v/20171013090813051

 

随分前から、本ブログでは同じ趣旨を書きました。

韓国人は日本に旅行に来ても、笑顔がありません。韓国に帰ってからも、日本は大したことないとブツブツと文句を言います。でも、何故でしょう。翌年にはまた日本に行きます。

寄稿文を書いた人は、その訳が(多分、ハングルだけでもないでしょうし)そんな意図で書いてあるものではないと、分かっているはずです。でも、そう考えないといけなかったのかもしれません。

それが、韓国人の「愛国」ですから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“「日本博物館のハングル表記は、文化の上流だった国の人たちのための礼儀」” への49件の返信

  1. みずきさんのブログの韓国人コメントの「私は日本に滞在した事があるが」から始まるのが、定型的文章で面白いですね。
    ハングルの優秀性を実感したり、インターネットが速いとか、交通費が安いとか。頑張って言えたのはその程度か。相当に頭が悪いなとしか言いようのないモノ。
    飛鳥奈良時代の仏像を見て、ウリが教えてやったモノだと無理やり思うのって、我に帰って恥ずかしいだけでしょ。
    韓国人はこんなに恥ずかしいモノの考え方してるって知って嗤うのは面白いですけどね。

  2. ~ソウル・国立中央博物館~

    まさか最後になるとは思わずに韓国ソウルに行きました。もう6・7年も前の事です。

    その時は、フリーの時間を多くとり韓国の古い歴史施設を見学することにしました。景福宮見学を終え三清洞通りに出てタクシーで嘉會洞韓屋村→成均館大学の古い由緒ある建物を見て北村韓屋村近くで降り、歩いて仁寺洞で食事と買い物をしました。泊まったウェスティン朝鮮Hにも庭に古い建物(移築かな?)がありました。

    そして明くる日は地下鉄1号線→4号線で二村で降り目的の「国立中央博物館」へ。まだ新しくて観覧料も無料(特別展の時は有料)中・高校の修学旅行生が沢山来ていました。

    敷地も広く新しいので、入り口もメインの通路も広々としています。善徳女王時代かな?の「金冠」や国宝「金銅大香炉」も鑑賞したりして、でもその歴史的な背景がよく分からない、係員(黒いスーツを着た男性)に訊こうとしても韓国語は喋れないし、英語も片言大阪なまり(そんなのあるのか?)要領がさっぱり得ずうろうろしていると、係員の強面の男性に注意(多分そのような韓国語での喋り方)される始末、とうとう友達と建物の立派さはわかったけど、展示の内容がね???と言って博物館を出ました。

    やっぱり外国人特に日本人には不親切な博物館。外観の見てくれだけは新しい事もあり、どこかの国のを見本にしたような感じだけど、ソフトの面(応対や展示物の見せ方)ではがっかりだったと話していました。

    韓国の偉い(上下があるらしいから上の人)学芸員に、いっぺん奈良の国立博物館を見て来てみい(大阪弁)と言いたいです。私がごちゃごちゃ言うより、まさに「百聞は一見に如かず」です。

    あっ、↑のシンシアリーさんのを読んだら根本的に無理か~(>_<)

  3. 楽しいからまたくるんだろう。
    楽しいと言えばスッキリする。
    こころの声を抑えて病気かね。

    いや真底歪んでいるので正常?

    すみません。

  4. 最近は街中の表示板などでハングル韓国語の併記を多く見かけるようになりましたね。どこからの圧力で、誰に配慮して、誰が推し進めて整備されているのかは判りませんけれど。

    まぁ極個人的な意見で言うなら、ハングル併記なんてのは過剰な配慮なので即刻中止、撤去すべきだと思います。ある意味逆差別というやつです。隣国だからとか、大勢訪れるからとかいった理由を主張する人もいますが、逆に言えばその程度の理由しかないのです。韓国人を、韓国語を優遇しなければならない理由としては説得力が弱すぎます。韓国人は英語が得意()なんですから、アルファベット併記だけで十分でしょう。

  5. 反日云々以前に昔っから変わってないんじゃないでしょうか
    日東壮遊歌とか看羊録ってこんな感じじゃなかったですかね

  6. 「 日本が悪い」は挨拶事項ではないのでしょうか。

    例えば、「日本は嫌いだが」から始まり「見習うものはみならわなければ・・・」、「日本は大したことは無いが」から「この点は・・・」、「韓国の方が優れているが」・・・と言ったように、常に「韓国が良いが」が季語の使い方のように当たり前に付けなければいけない文章になっている気がする。だから、ちょっとでも有利なことはほじくり、そうでもない場合は捏造となるのでしょう。これらは、「みっともない」ことで、日本では相手にされないパターン。

     このような習慣を変えればもっと発展するかもしれないが、基本的に「我々優れた民族」を前提に物事を見つめると、見えるものも見えなくなる。

    1. 季語というか、枕詞ではないでしょうか。
      私もそういう風に思ってました。
      本心がどうあれ、言わなきゃいけないこと、として言ってる感じ。
      「戦争は絶対いけません」的な。

  7. 韓国サイトを見て楽しむ日本人がいる所以だねぇ。
    私はそいういう趣味がないけど。本当にそういう発言はやめた方が良いと思うよ。日本人に笑われるから。
    事実を知って精神がメルトダウンしても自己責任。悪しからず。

    ・・・かの国に生まれなくて、本当によかったわぁ。大抵の人は精神力や労力、
    知識や知力をムダな所に使う羽目になるわけだから。

  8. わたしは案内板の韓国と中国語表記に反対です。
    非常に醜く鬱陶しい。

    なぜなら特アでは、韓国語と中国語でだけ案内するということは、こういう意味だからです。日本を下国と卑下する意味だからです。
    日本人はそれをきちんと理解して、特アに対する特別扱いを止めるべき。
    日本はフランス語やイタリア語、スペイン語で案内表記をするべきなんです。

    1. ハングル表記は必要だと思いますよ

      「公共の場所で大声で騒ぐことは犯罪行為です」
      「使用した紙は必ず便器の中に入れてください」

      むしろ日英仏伊西露……等の言語では書く必要など無いでしょうw

      1. 無駄ですよ、言葉で言ってもハングルでトイレの使い方を教える表示をしても便器の外に大便をするというのだから。
        そうそう大韓民国のホテルとかデパートとかで「トイレットペーパーを流せ」とハングル表示して使用済み(大便付き)ペーパー入れを撤去したらトイレが悲惨なことになって元に戻したとどこかで読んだことを思い出した。

        故、大韓民国人は「流せ」というハングル表示を無視して尻を拭いた汚れたペーパーを水洗トイレに流さず個室にばらまくのか。
        (答)
        鈴置さんの「(機能性文盲)ではなく」「大韓民国人の大半は、ハングルが読めない」

        いう一言が、全てを語っている。
        (朝鮮半島は無学文盲暗黒半島に戻ってしまった)→ 「流せ」というハングル表示読めない→トイレットペーパー流さない。 これ以外になにか思い付く回答がありますか。

  9. 書き手の意図はともかく、読み手には文面そのままで受け取られるでしょう。
    こういうのって罵られるより嫌ですね。正直虫唾が走ります。

コメントは受け付けていません。