紅山文化と上古史と臨時政府と・・・

「私ならそうしたはずだ。だから相手もそうしたに違いない」とする歪んだ判断。韓国が日本に対して「人類史上最悪の植民地支配」というありもしない歴史を妄想するにおいても、「私(韓国)ならこうしたはずだ」として作り上げている内容も少なくないと思われます。なにせ、慰安婦問題とかも、いまも韓国内で多発している奴隷・・特に女性たちを借金漬けにして性奴隷のように扱う手口とあまりにも似ていますから。

韓国ではヨハ(遼河)文明とも呼びますが、紀元前4700~紀元前2900年頃に栄えたという「紅山文化」たる文明があります。

韓国では、この文明を作ったのが韓国人(朝鮮人)の先祖だった、とする主張が一般化しつつあります。古朝鮮などもそうですが、こういう歴史観を「歴史より更に上の歴史」という意味で韓国では「上古史」と呼びます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

紅山はー古朝鮮のー(ry・・・な主張の本だけでも、結構な数が出ています。下は、ほんの一部、適当に検索した結果です。

韓国人の先祖が、世界4大文明よりも先に紅山文化を作り上げたとするこの歴史観には、一つ、共通する部分があります。「中国が真実を隠蔽している」というのです。

その理由は、「中華思想は黄河文明をその核心とし、朝鮮半島の人たちを蛮人として見下していた。なのに、朝鮮半島の人たちがそれよりも先に文明を作り上げたことを認めると、中華思想そのものが崩壊してしまう」からだそうです。

 

そんな話を聞いていると、いつもオーバーラップする歴史観があります。「韓国(朝鮮半島)が日本に文明を教えてやった。日本は蛮人の地だった」とする観点です。

皆さんも御存知でしょうけど、韓国のそういう歴史観は、「そうなのかどうか」ではなく、「そうでないといけない」が大事です。

だから、韓国の主張と合わない何かの証拠・・古墳とか、碑文とか、そんなものが出てくると、韓国はそれを認めません。どんな無茶苦茶な解釈をしてでも、その内容を歪ませ、ありのままには絶対に認めようとしません。

紅山文化や東北工程など、韓国が「中国が隠蔽している」「中国はありのままに認めないでいる」と主張している数々の陰謀論は、結局は「韓国ならそうしたはずだ」という・・いわゆる自己紹介でしかないのでしょう。

大統領の演説からも「五千年の歴史」という表現が珍しくなくなった韓国の今日この頃。もはや「逆らってはならない正義」になりつつある韓国の「上古史」であります。

それら上古史を始めたのが、ほかでもない臨時政府メンバーたちですから、下手に逆らうのも危険ですね。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

122+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5