恨(ハン)はなぜ永続的なのか

韓国人の恨(ハン)の特徴には、「まるで過去のある時点に刻まれているようで、いつになっても消えたりしない」、すなわち永続性があります。

ハンプリ(恨を晴らす)などの言葉もありますが、一時的な気晴らしにはなるものの、韓国人の恨には「晴らす」というものがありません。

なぜでしょうか?この恨の永続性に関して、「恨を現実に出そうとせず、神秘なものにしたがるからだ」という指摘がありましたので、今日はそれを紹介します。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

1984年5月4日京郷新聞に載っている、ある詩人の寄稿文です。

・民族という概念そのものが生成的で集合的なもので、変化し続けている。本当に恨が民族の情緒だとするなら、恨も永続的なものではなく、現実の中で変化し続けるはずだ

・恨の根本は、現実に負けては背を向ける敗北主義的なものである

・私たちは、その恨という巨大なコンプレックスを、(現実の中で)客観化して克服しようとせず、内面的なもの、神秘的なものにしようとする。それを外に引きずり出して克服しようとする力が弱いからだ

 

書き方は迂回的ですが、結局、「現実見ろ」という意味ではないでしょうか。

私は、「恨は、自分の正当なる権利を、不当な手段で誰かに奪われたとする考えが基本である。殆どの場合は、気に入らない現実を誰かのせいにするためのものにすぎず、自分の責任を回避するための手段、または言い訳でしかない」といういつもの持論のもと、恨の永続性に関してこう考えています。

恨は無くならないのではなく、無くなったら困るから続けているだけです。恨とやらを手放すと、自分が責任を背負い、(部分的だろうと全面的だろうと)自分のせいだと認めないといけないからです。被害者としての権利も主張できなくなります。

同じ趣旨の文章を、いままでブログや本に何度も書いてきました。

寄稿文では「神秘的なものにしたがる」としていますが、結局は同じ趣旨でしょう。「美化したがる」、いや「(被害者ビジネスのための)権利としたがる」にしてみると、反日思想にもぴったり当てはまる気がします。前に紹介した「憎むことを権利だと思っている人が多い」という分析とも繋がっていることでしょう。

現実を克服するのではなく、背を向けるためのものだから、その心地よさから、手放したくない。だから永続的になる・・・神秘的なもの、いわば宗教や信仰心みたいになり、いずれそれを「正義」と信じてしまう。

そういう流れにまとめることができるでしょう。それって、見方にもよりますが、「永遠に疲れる生き方」にも見えます。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

84 Replies to “恨(ハン)はなぜ永続的なのか”

  1. 永遠に恨めばいいんじゃないんですか、恨むというのは相手があると思うんですけど相手(例えば日本)が恨んでいるのは知っていてもスルーして、実害があれば反撃すればいいと思いますよ、それをまた恨むのなら反撃するでいいと思います、1000年恨むのなら1000年反撃するだけです。

  2. シンシアリーさんに聞いてみたいのですが、韓国にはジャンプ漫画メソッドは存在しないのでしょうか?
    かつて破れた敵が仲間となって加わるという展開は恨がある以上難しいと思うのですがいかがでしょうか?
    もし韓国の漫画事情など含めて伺えればと思います

  3.  朝鮮民族の恨みは、“先祖の受けた恨みを晴らす” だから、相手を同じ目に遭わせるまで晴れないんでしょう。
     そうした叶わない願望を抱えたまま、苦しい人生を生きていくんでしょう。
     そんな考え方は、早く捨てた方が幸せだろうに。

    1. >朝鮮民族の恨みは、“先祖の受けた恨みを晴らす” だから、相手を同じ目に遭わせるまで晴れないんでしょう。

      仮に相手を同じ目に合わせたとしても恨みは晴れないんですよ。
      なぜなら「自分が今、不幸なのは自分以外の誰かのせいだ。」
      が、韓国人の恨なのです。

      つまり うらみ ではなく、逆恨み、妬み、そねみ なのです。

      自分が幸せになれない限りは、憎しみの対象を
      ひたすら探して、あるいはうそをでっち上げてでも、
      自分は被害者ぶります。

      自分と全く無関係の人の悲劇を、まるで自分の悲劇のように
      代わりに怒ります。うその慰安婦の映画を作って、それを見て
      怒り出します。怒りたい事が目的なので、
      真実などはどうでもいいんです。
      権利がないのに、かってに被害者の代理人を名乗って、
      「自分に償え!頭をさげろ!」といいます。
      宮沢賢治の童話に出てくるツエねずみが、韓国人の「恨」です。

      日本人の恨みはらせておくものか。とは異なります。
      被害者意識が異常に強く、被害妄想の領域といってよいもの。
      それが韓国人の「恨」で、性格異常に属するものです。

      1. >眠り猫 さん

         「反日」の恨みは、民族の恨みだから、ウリ達が共有できる。 自分もウリ達のなかに入れる。
         そういう構造だと思いますよ。

  4. 日本に併合されていた37年の期間に、今のような恨が民衆の中で
    顕在していたのでしようか。善と悪が現在のように鋭く対立していたような状態では、なかったような気がします。総督府の権力によって、今のような極端な対立が抑えられていたとも考えられません。
    日常生活では、日本人も、当時の朝鮮人も、もっと穏やかな関係であったとの記録もあります。

    1. 恨は日帝時代からあって、総督府が抑えていたものだ。なぜなら、恨は上にいるもの全てにかかる逆恨みだからね。
      日本が強かったから、それが顕在しなかっただけだ。

      だから日本が敗戦したとき、日本人は強姦され、すべてを奪われた。
      あなたの主張は逆なんですよ。

      1. 日本の敗戦時に、色々、残虐なことがあったことは否定しませんが、
        それが一般的であったとも思いません。呉善花さんの著書「生活者の日本統治時代ーなぜ「よき関係」のあったことを語らないのか」に
        でている朝鮮総督府におられた方々や、級友の韓国人の方々の回想からも、決して、すべての朝鮮人がすぐ現在のような反日では、なかったような気がします。
        統治時代に、割をくった、両班の人々(例えば李承晩)が、特権を奪われて、反日になったのは分かりますが、何十万の人々が志願して、軍に参加したことを見ると、そのころは、大多数が親日だったのではないでしょうか。敗者になりたくなくて、勝者のふりを
        したのも、変わり身の早い、長年の属国の立場から、身に着いたものだったのでしょう。

        1. 変わり身が早いのだから、良き関係があった人程その関係を隠したいのでは?
          負けた日本と良き関係だったなんて、虐げられる理由になっちゃうでしょ?
          そんな人程、より残虐になったと思うんですが?
          しかも、そんな人の方(併合時代に良き関係だった人)が多かったと思うが?
          個人的には、敗戦時に残虐行為をする人の方が(台湾なんかと比べて)一般的だったと思ったりします。

          1.  敗戦時に当時の朝鮮人に、残虐な扱いをされた人々が、どれほどいたのか、今、81歳で、終戦時に10歳でした私にとっても、今になっては、想像の域にいるだけですが、慰安婦のことも含めて、公な立場から、記録はまったくないのでしょうか。
             20万人の若い娘さんが強制連行されて、親、兄弟、近隣の人が黙ってみていたということなど、全く、想像もできないことではありますが、なにがしかの公式な記録もないとしたら、結局、主張だけするひとの言葉が真実になってしまうのでしょう。
             結局、歴史とは文書による記録だけが意味のあるもので、それ以外は、単なる感想、主張に過ぎないと思います。

          2. >上総次郎さん
            >終戦時に10歳
            そうですか、大変でしたね。
            朝鮮からの引き揚げを経験されたのですか?
            では、四日市保養所などの事は現実に見ておられたんですよね?
            記録としても残っていますね。
            しかし、大々的には扱いません。
            まして政治問題化もしませんね。
            被害者が声高に叫ばなければ被害はないのでしょうか?
            文書による記録があっても、何故黙して語らないのか?とは、お考えにならないのですね。
            相手の事を想えばこそ、彼らも命掛けだったのだと慮ればこそ黙した人々は?
            そもそも、虐殺されたら話せんしね〜〜って人々は、黙しているのだからなかったと言うことですね。
            悔しかったら文書を出すか、被害者が声高に叫べと!
            思いやりなんて役に立たない。
            そう言うことですね。

            終戦時10歳で、朝鮮からの引き揚げの方ですよね?
            そうでないなら、貴方の意見も主観でしかないので意味はないですね。
            良い関係であった人も沢山いたでしょうが、終戦時に彼らが如何したか?私は、保養所の記録の方を信じます。記録ですから。

        2. 違います、韓国の反日は、一般的なものなんです。
          現状を見れば理解できる通り。

          志願した人々は、強者に媚びていただけ。
          それを理解できないあなたのような日本人が、韓国とは共存できると寝言を抜かすんです。

          1. 今日の反日が、李承晩の奪われた特権にたいする反感と日本を韓国の下に見たいとしていた主張によって、憲法を含めて、反日教育をした結果であることは事実だと思います。
            ただ、当時の朝鮮の人々が、強者にこびていたというよりも、自分たちも、日本人、たとえ二流だとしても、日本人として、米英に対抗するのだという気持ちを持っていたと思います。そうでなければ特攻隊に志願するなどということはあり得ません。当時の朝鮮人のことばで、日本から、朝鮮にかえってきたとき、映画館で、日本の荒鷲、たぶん加藤隼航空隊という映画と思いますが、皆が興奮して、歓声をあげているのをみて、あ、朝鮮人も日本人になってしまったのだと感じたという話を見たことがあります。
            人の心は変わりやすいものです。日本が負けたので、次には聯合国の一員になりたかったのでしょう。我々も、終戦前までは、鬼畜米英といっていのに、終戦とともに、デモクラシー、ギブミーチョコレートとやっていたのですから。私も、戦争中に捕虜になった米兵を見て、鬼かとおもったら、人間だったという記憶があります。
             今の韓国人の意識状態は決して、望ましいものではありませんが、これが未来永劫続くとか、反日が本質的なものとは考えられません。時間はかかるでしょうが、考え方を変えるよう、教育していくことによって、変わっていくことでしょう。いま、年間に何百万という人々か、訪日しています。きっと、日本の良いところを感じていることと思いますよ。

    2. 下に返信できないのでこちらにしますね。

      〉考え方を変えるよう、教育していくことによって、変わっていくことでしょう。

      とても傲慢な考え方であり、過去の日本の過ちから学んでいないように見えます。
      もしも韓国人に「日本人はわかっていない。考え方を変えるよう、教育していくことによって、変わっていくことでしょう。」と言われたらどう感じますか?
      腹が立たないでしょうか?

      国同士は親子にはなり得ません。「教育する」など、それは優しさではなく、寛容でもなく、下に見て舐めているのです。そして実行した場合、それは「侵略」と呼ばれるのです。

      学んでいない事。朝鮮に手を出してはいけません。優しさを見せてはいけません。彼らには理解できないからです。価値観が違うのです。
      でも勘違いしないでくださいね。善悪を述べているのではないのです。そういうものだと言っているのです。

      1. 教育するという言い方は、正しくありませんでした。
        ただ、なにがしらの形で、影響を及ぼしてゆくということは
        可能と思います。
         戦争中の日本人、当時、軍国少年だった我々の考え方が、いまや、平和憲法なるものに、しがみついて、護憲、護憲と言っ
        ているではありませんか。
         朝鮮というものに、つまり、概念としての朝鮮人に、すべて一定の評価してしまうのは如何でしょう。
         ここの、シンシアリーさんも、、あえて韓国人とはいいませんが、朝鮮人のひとりですし、今は、少数派でしょうが、その方々か、大多数にいつかなるかもわかりませんよ。
        ここは、シンシアリーさんに伺ってみたいところです。

        1. ちょ、何言ってるのか?
          朝鮮人の恨が何故なくならないのか?についての記事なのに、考え方は変わるから恨がなくなる日も来る!と、言いたいのですか?

          考え方一つで変わる様な、そんな表面的なものならとっくに変わってるでしょう。
          民族として、恨が深く根付いているって話しなんだから、考え方が変わればなんて底の浅い話しじゃないし、まして一括りにしてはいけないなんて言っても、民族の恨の話しなんだから民族として考えるのが普通じゃないかと思いますけど、、、。
          仮に、いつか変わったとしても恨の概念自体が無くなることはないと思いますよ。
          日本人から、(戦前も、戦後も、現在も)和の概念がなくならないのと同じでしょう。
          それは考え方なんかで変わる様なものではないからです。
          だから傲慢だと、言われるのだと思いますよ。

  5. 朝鮮人の恨とは、子供の言い訳を正当化して理屈をごねているだけである。
    朝鮮人は、なんとか理をつけたいだろうが、ただの餓鬼の言い訳である。

  6. 韓国人はタコ壷被害者意識人である。
    自分で頭から壷を被り、「壷をかぶせたのは自分以外だ」と自身の尊厳を踏みにじる事で喜びを見出すマゾ系の変態集団である。
    恨(ハン)とか、ウリとナムとかはカッコ着けた言い方である。
    変態は変態である。

  7. 韓国人の自己分析の間違い点

    恨(ハン)は、韓国人の特徴的な感情だと思っている。
    韓国人以外の民族にも、みんな「逆恨み、責任転嫁、妬み、八つ当たり」といった感情はある。
    が、韓国人以外はそういった感情を恥ずかしいものとして、表には出さずに隠すし、なくす努力もしている。
    実際に周囲から「被害者意識の強い人」のレッテルを貼られると、友達は離れていき、
    仕事場でも相手にされなくなり、実社会で痛手を被るので必死でそう思われるような発言や言動を慎んで周囲には隠す。
    このため、韓国人以外には、恨(ハン)というものはあまり見られないから、
    韓国人の固有の民族的特徴だと思い込み、あまつさえ美化さえしようとする。
    が、単純に、韓国人は他民族への理解が足りていないだけであり、盛大な勘違いの元に、
    記者や学者といった立場のある人達が、世界に向けて恥ずかしい論理を展開して、
    韓国人以外から呆れられ、ばかにされるのだが、
    その事にすら気がついていない。 ですねぇ

  8. 続き 2回目
    つまり日本人にも「恨」の感情はあるけど、恥ずかしいものとして、隠すし、無くそう乗り越えようと努力をします。
    けど、韓国人は日本語の正しく情緒を理解できてないのを見ても分かる通り、感情を良いものと悪いものに区別し、自制心で抑え込もうとはしません。

    「恨」の正体そのものは、神秘的なものでもなんでもなく
    被害者意識の強い人に見られる「私は悪くない。他人が悪い。社会が悪い」という責任転嫁です。だからこそ例え目の前の恨みが晴らせたとしても、本人の性格が変わらない限りは、ずっと被害者意識の強さによる
    被害妄想がえんえん続くわけです。

    韓国人は、日本人の「怒るな。泣くな。ふてくされるな」といった躾を「人間が小さくなる」といって否定的に見ているようですが、
    自制心の強さを手に入れた人の特徴は「冷静さ」です。
    突然、地震が来てもパニックにならず、落ち着いて行動できます。
    突然、電車が止まって立ち止まっても、騒がずに静かに状況を見守ります。
    シンシアリーさんが、前にイベントで目撃した日本人の秩序意識は、
    こういった「パニックに耐性がある自制心」に裏付けられているもので、幼少期から「自制心のコントロール」をしょうとしていない
    韓国人が震度5以上の地震にあったとき、日本人の真似をしようとしても心の訓練ができていないと思いますよ。

  9. 長いのでわけますね。まずは1回目
    >恨(ハン)はなぜ永続的なのか
    そりゃ、被害者意識が強い人の本人の性格に由来するものだから、
    本人が自分の性格を変えようと努力して、
    実際に変えない限りは永続するでしょうよ。

    まず韓国人のおおきな勘違いは
    「恨」は韓国人の民族的な特徴であると思い込んでいるとこだと思います。
    けど、恨をルサンチマンの類いと定義づけるなら、
    それは日本人でもドイツ人でも、民族を問わず誰にでもある
    感情です。なにも韓国人が特別なわけじゃないです。

    韓国人が他の民族と異なるところは「感情」に対する考え方にあります。まず日本人は「良い感情」と「悪い感情」にはっきりとわけ、「良い感情=幸せを感じるもの」を情緒と読んで、情操教育などでより感受性豊かな人間になるように努力し「悪い感情=自分や他人を不幸にするもの」として、自制心を持って排除しようとします。

コメントは受け付けていません。