「金大中氏のノーベル賞取り消し工作」の件

コメント部隊やらなにやらで騒がしい国情院ですが、また別の件で話題になっています。

李明博大統領の時、国情院が保守団体に依頼し、金大中氏のノーベル平和賞を取り消して欲しいという請願を「させた」というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<李明博政権時代、国家情報院が保守団体を通じて、金大中元大統領のノーベル平和賞受賞を取り消しさせようと、請願書をノーベル委員会に送ったことが確認されました。当時、国家情報院は、保守団体が請願書を書きながら引用する本を推薦し、翻訳と発送費用まで支援したことが明らかになりました・・>

http://v.media.daum.net/v/20171016204510553?rcmd=rn

 

記事本文には、国情院が「草案をチェックした」と言う内容があります。これが本当なら、当時の国情院関係者たちとしては最悪の事態となります。金大中大統領の平和賞受賞が妥当なのかどうかとはまた別です。

っなにせ、<・・パク・サンギ法務部長官は、今日の国政監査で、李明博元大統領も、国家情報院の政治介入などに関わった疑いが確認されると、捜査対象から除外されないと言いました・・>ということでして。潰す目標が国情院ではなく李明博氏なのは、明らかです。

上と下が入れ替わり、報復が報復を呼び、また入れ替わり・・・

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

118+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5