また「反日大作」・・金九の青年時代を描いた映画がもうすぐ上映開始

私には「店で注文した料理が日本人より遅く出て来る」という理由だけで日本人を殴り殺した無法人、というイメージしかありませんが、金九は今では韓国で「真の国父」扱いを受けています。

思想そのものよりは流派や派閥という観点から、韓国の左派思想、民族主義思想の「父」とされ、いまの韓国人には臨時政府=金九のイメージが強くなっているからです。

その金九の青年時代を描いた映画が完成し、もうすぐ上映開始とのことです。

 

ここから「続きを読む」の後になります

記事によると、この映画「大将(※)キム・チャンス」は、<・・青年キム・チャンスが仁川監獄で苦しむ朝鮮人たちの間で、皆の大将になっていく物語であり、白凡・金九の青年時代を描いた感動の実話・・>となっています。

 

※韓国で大将は「群れのリーダー」という意味があります。ただ、発音が同じで、「群れ(隊)のリーダー」という意味合いでは「隊長」も同じであるため、大将と隊長が混用されたりもします。この映画の漢字表記がどれかはわかりませんが、とにかく辞書的な意味を優先して本ブログでは「大将」にしました。キム・チャンスは「金昌洙」で、金九の改名前の名前となります。

http://v.entertain.media.daum.net/v/20171017110008367

 

金九遺族会、国防部長官、共に民主党の議員なども積極的にアピールしているこの映画は、早くも「秋の超期待作」として評判が良いみたいです。

毎年のように作られr、数百万人以上の客を動員する、韓国の反日映画。この映画も「1000万人を狙う」のでしょうか。

 

※追記

書いた後に、「実話」を赤い字にしたほうがいいかなと編集し、ブログを再表示したら、↓こんな広告(自動)が出てましたw

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

127+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5