驚異の復元技術?あの傾いたビルが1ヶ月で元通りに

本ブログ初めての、「雑談」カテゴリーとなります。日本側でもいくつかのサイトで紹介されたと思いますが・・釜山の某オフィステルビルが、傾く騒ぎがありました。

9月22日に住民退避命令があり、10月9日には建物のてっぺんがもとあった位置から105cm以上ズレていました。

ここまでは、本ブログではスルーしていましたが・・・

 

ここから「続きを読む」の後になります

・・・ですが、1ヶ月足らずの復旧工事で、1日にてっぺん基準で20cm以上ずつビルがもとの位置になって、いまは元通りになった、とのことです。

※キャプチャー画像のソースはKBS(下のURL)記事です

しかも、区庁側はビルの安全等級を「問題ない」のA等級にしました(傾いていたときには緊急補修を必要とするE等級でした)。

「精密検査のあとに再使用するかどうかを決める」としています。

http://v.media.daum.net/v/20171018111608592?d=y

 

さすがに、「傾いたのも驚きだが、いったい何をどうすれば1ヶ月で元通りになるんだ」「怖くて人が住めるか」「区庁が買い取って寮にしろ」「気をつけろ。ご飯食べる時などに1ヶ所に集まっては危険だ」などの意見が殺到している、とのことです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

153+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5