憤怒民国

本ブログで不定期的に扱っている小テーマの一つに、韓国社会の「憎しみを権利だと思っている」パターンがあります。またそれと関連した記事が見つかったので、紹介します。今回は「憤怒」と表現されています。下の絵はソース記事からのキャプチャーです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・最近、大したことない是非の言い争いに我慢できず、暴行や殺人のような極端な犯罪を起こす事件が絶えないでいる

・いわゆる「憤怒犯罪」は、自分の感情を調節できず、原因提供者や不特定多数に向けて怒りを表出する

・社会的剥奪感と自壊感(自ら恥じる、絶望する)が極端な感情、怒りとして表出され、犯罪につながる可能性が高く、社会安全網の構築が必要である

・毎日の競争が激しくなっている中、普段積もった不満やストレスを適切に解消できず、極端な方法で表出している場合が多いし、特にその被害を受けるのはほとんどが無関係な社会的弱者である

http://v.media.daum.net/v/20171021130154188?rcmd=rn

 

嫌悪、憎しみ、怒り、そして今回は「憤怒」。いままで何回か紹介した記事は、表現や言葉選びはそれぞれ違えど、共通したものを訴えています。

怒りを調整できない、その怒りや憎しみが弱者に向かう、などです。ちなみに、今まで紹介した分析の中でもっとも個人的にヒットだったのは、「(韓国社会は)憎しみを権利だと思っている(憎しみを正当なものだと思っている)」です。

本ソース記事では「憤怒」としてそれを表現しています。そして、それが無差別に広がることを懸念しているようです。

記事本文では「最近」となっているけど、実はこれは韓国社会で前々からずっと言われてきたことです。もはや本ブログの読者の皆さんには長く説明する必要も無いでしょうけど、韓国人の「恨(ハン)」は、自分と、自分が憎む相手との関係を善悪論(正当なのか不当なのか)で決めつけます。善悪論にハマっている人は、なにかあれば「間違っているのは世の中」という結論になりやすいです。自分にとって不利な現実を、「世の中では正義が負けている」と同一視するからです。

その哀れな心理から、憎しみや怒りが無差別に広がる原因の一つを見つけることも出来るでしょう。

 

そう、これは前にも本に書いた内容ですが、

韓国側は、「日本で嫌韓現象が現れたのは、日本人の劣等感からだ」とずっと主張してきました。しかし、本当に韓国を「嫌」っていたのは、他でもない韓国人の劣等感だったのです。その社会で「上」になれなかった人たちの、こんな世の中は間違っているとする劣等感という名の正義のもとに。

「世の中に正義など無い」と思っている人は、規則や法律などを信用しません。それも世の中のシステムだからです。その点、本ブログで扱っている小テーマ「市民団体の権力強化」の動きとも、妙に繋がっている気もします。彼らは、既存の規則の上位概念になろうとしていますから。彼らから、韓国民は「正義の改革」を見出しているのかもしれません。

それが、ただの「破壊」にすぎないと気づくのは、ずいぶん後になってからでしょうけど。

 

しかし、上を妬み、下に怒り、永続的で、無差別に広がる。恨(ハン)って本当に何なんでしょうね。呪いもこんな呪いはそう無いと思いますが・・・

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

161+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5