韓国紙、早くも衆議院選挙出口調査結果を速報・・「戦争可能」など

衆議院選挙関連エントリーです。

やっぱり、また安倍総理、自民党の勝利でした。

さて、韓国でもさっそく報道が流れています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「安倍の勝負の手が通じた・・衆議院出口調査で圧勝」「安倍総理は、今回の衆議院選挙を足場とし、平和憲法の改憲にさらに拍車をかけるものと予想される」(ニューシース)

http://v.media.daum.net/v/20171022200226996

・「戦争可能 改憲に近づいた安倍」「自民党、衆院選圧勝。憲法に自衛隊明記推進」(ソウル新聞)

http://v.media.daum.net/v/20171022191603525

・「自民党単独過半数確保」「改憲論議が急に早まる可能性」(KBS)

http://v.media.daum.net/v/20171022200823079

・「安倍、『北風』煽り戦略効いた・・野党の分裂狙って圧勝」「隙さえあれば、北朝鮮の挑発状況を話しながら安定のために政権を延長させてくれと叫ぶ自民党の訴えが、有権者に入り込んだ。野党が戦列を整備する前に、北風で政権を再創出するという安倍首相の勝負が的中したものである」(聯合ニュース、追記しました)

http://v.media.daum.net/v/20171022202936351?rcmd=rn

 

いまはまだ速報扱いで、また「日本国民はー」と騒ぐ記事は明日になるのでしょうか。

今回の選挙、私は率直に言って「あれ?解散するタイミングかな?」とも思ったのですが、結果的に、ここまで安倍総理・自民党、そして改憲勢力にとって有効な結果になるとは思ってもみませんでした。

自民の勝利というより、改憲勢力の勝利として、自衛隊憲法明記など改憲に向けて各政党が力を合わせてほしいところです。

アメブロの頃からずっとそうですが、シンシアリーは日本の改憲(特に平和憲法の廃止、または大幅な修正)を支持しています。

 

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

196+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5