再びロウソク集会・・「文大統領は、私たちの命令の2%しか実現していない」

さて、ロウソク集会を主導した市民団体が、またロウソク集会を開くと宣言しました。

1周年だということもあるみたいですが、その理由は「(文在寅政権は)ろうそく市民が命令した改革課題がわずか2%しか完了していない」からです。原文ママです。

 

ここから「続きを読む」の後になります)🕵🕵🕵

<・・昨年10月29日から今年4月まで二十三回にわたって「朴槿恵政権退陣要求ロウソク集会」を主管した市民団体たちは1周年記念ロウソク集会を開く理由について「ろうそく市民が命令した改革課題がわずか2%しか完了していない」と説明した・・>

http://v.media.daum.net/v/20171023145702638?rcmd=rn

彼らの主張によると、何か100項目の要求をしたけど、その中で「イ・ジェヨンなど財閥総帥の拘束」と「検察の大統領府違法勤務防止」の2つしか実現されていない、とのことでして。

原文ママに「命令」としているところからも、本ブログの小テーマとして扱っている、「市民の名を借りた市民団体の権力強化(政治勢力化)」の一面を垣間見ることができます。

正午に書いたある言葉が頭をよぎりました。これこそ、ある種の「傲慢」ですね。

もともと韓国民は、自分で考えて判断する力が弱く、勝ちそうなほうに付くだけです。前に書いた「レミング現象」もその流れの一つ。

市民団体といっても、「私たちの言うことを素直に聞かないやつは市民じゃない」と思っているだけ。彼らの言う市民とは、ゾンビが理想形です。死民とでも言いましょうか。

韓国社会の市民と、このような歪んだ市民団体の出現は、ある意味では両者間のウィン・ウィンかもしれません。大負けという未来へ導く、偽りのウィン・ウィンですけど。

 

 

 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

39 Replies to “再びロウソク集会・・「文大統領は、私たちの命令の2%しか実現していない」”

  1. 「命令」なんだ・・・そりゃ大統領だって公僕だけどね。
    でもすっごい違和感。

  2. >もともと韓国市民は…勝ちそうな方に着くだけです。

    吹いた!
    今回の民進党もこれで解体でしたね。
    それにしても、看板コロコロ替えるなんざ暖簾を大切にする日本人の心とは異なりますね。
    計画倒産して社名変えて借金踏み倒す悪徳企業みたいだな。

    前原は高学歴なのに政策は「安倍を倒す!」だけという。
    自分で考える力も無いって分かっちゃたね。
    小池さん、朝鮮と関わると滅びるって法則知らなかったのかな?

  3. 「ろうそく市民が命令した改革課題がわずか2%しか完了していない」
    >>
    だったら、大統領制度などというまどろっこしいものは廃止し、ろうそく市民が直接政策を実施したらいい。彼らは民主主義を中途半端にしか理解していないのでしょうな。

  4. >「(文在寅政権は)ろうそく市民が命令した改革課題がわずか2%しか完了していない」からです。原文ママです。

    深読みしないで文を読んだだけの感想。
    大統領に命令できる韓国人って凄いですね。

  5.   △¥▲   ウィーン・ウィーン
     [ ㊤皿㊤]  ロウソクデモロボだよ
    /|_肉_|\  大統領に命令できるできるすごい奴だよ
            おまけにウィン・ウィンの関係も築けるよ

  6. ずいぶんと一方的で過激な発言ですね。『我々に提示した公約』と言えばいいじゃないか、と思います。日本では、先鋭化した団体は敬遠されて一般の人の視線からは消えますが、韓国ではどうなんでしょうね?

  7. >もともと韓国民は、自分で考えて判断する力が弱く・・・

    いや、それだけじゃないだろう。
    「民主主義」だの「市民」だの「権利」を、なんの準備も積み重ねも考察もなく単純に「中世社会」に「移植」するとこうなるんです。
    「近代」を経ずして「ウリとナム」の「中世」から一気に「現代」へ飛躍しようたってそりゃ無理な話なんです。
    いやそもそも、それを身に着けようとすると、「火病」をおこしてしまうのが君たちの悲しい民族的特性なんです。だから所詮無理なんです。

コメントは受け付けていません。