タッ!

本ブログで書いてきた韓国社会(とその構成員たち)の問題の中でも、基本の中の基本こそが「人のせいにする」ことであります。

「私に責任がある」という考え方が致命的に足りないことが、恨(ハン)にも、歪んだ上下関係にも、反日思想にも、それぞれ大きな影響を及ぼしているわけでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

じゃ、ここで、

1・「うまくいかなかったことや否定的な現象を起こした原因や理由」と、

2・「何かを口実や言い訳にして、悪口を言ったり恨んだりする」について、考えてみましょう。

1は、別に問題のある内容ではありません。普通に良からぬ結果になった「原因または理由」ですから。

2は、問題ありですね。こんなことをしていると、反省も改善も無いでしょう。

 

韓国語で、1と2が同じ言葉なのは、とても興味深いことです。それを「タッ(탓)」と言います。タッには、両方の意味があります。漢字の韓国語読みではなく、純粋な韓国語です。

シチュエーションによって使い分けてはいるものの、なんで同じ言葉に1と2の両方の意味が与えられたのでしょうか。普通、1と2はそれぞれ別の言葉になってもおかしくないと思いますが。

曇った心で邪推してみると、昔から1=2(1に対して2をする)だったから、ではないでしょうか。

 

1988年オリンピックが終わってから、韓国社会には「ネ-タシオ(僕のせいです、내 탓이오)」運動がありました。

もう人のせいにせず、自分のせいだと認めながら生きましょう、という運動でした。新聞などでもよく使われる言葉でした。

でも、いつからか、耳にしなくなりました。

 

 

 

(・∀・)ノ

フェイト/ステイナイトの劇場版(Heaven’s feel)を見てきました。いやークオリティー凄かったです。でも、ある程度の事前知識が無いと、スーパーおいてけぼりキック喰らいますのでご注意を。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

26 Replies to “タッ!”

  1.  「タッ!」
     こういった短い言葉は、その民族にとって重要な言葉だったんだろうと推測します。

  2. アメリカ政府は韓国に未だ大使を置いてないんだね。
    それにはいろいろ要因があるのかもしれないけれど、韓国はリッパード大使の傷害事件の謝罪や政府責任者に対する更迭処理をしてないんでないのか?
    リッパード大使の事件の後、伝わってきたのはパククネが「私も襲われた」という「同族愛憐れむ」心情であって、大切なお客様に対する謝罪はなかったし、大使館に対しても市民が目の前でデモをしても排除せず指を咥えて見ているだけなのは日本に対してだけのことではないらしい。
    それに加え、賄賂を積まれたのかなんだか知らないけど、リッパード氏が完全に韓国贔屓になっていたことも問題。アメリカ政府はリッパード氏が戻った後、調査したんじゃないかな?
    なんにしても、同盟国に9ヶ月間も大使を置かないってのは異常なことだよ。
    とりあえず「私のせい」を韓国政府は自覚した方が良いね

  3. 韓国・朝鮮の近代化を図るものはまず農村の近代化、特に農民の意識改革に目をつける。しかしいずれも挫折しているところから見ると、この改革がいかに困難かがわかる。

    (宇垣一成朝鮮)総督時代に「内鮮融和」を掲げ、皇民化政策を行った。一方で農村振興と工鉱併進政策を推進。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%9E%A3%E4%B8%80%E6%88%90

    朴氏政権のセマウル運動。
    1.全ての住民を自発的にこの運動に参加させ、いわゆる精神革命を起こす。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%AB%E9%81%8B%E5%8B%95

    1988年 僕のせいです、運動。

    韓国人自らによる運動さえ失敗したのから、異民族によるものならなおさら。
    やはり、日本による上からの近代化は無理だった。
    今こそ「韓国に謝ろう。」
    もっとも成功していれば、南北の差が開きすぎて、統一は困難になるかも知れないが。

  4. >「人のせいにする」ことであります。
    「私に責任がある」という考え方が致命的に足りないこと

    今回の選挙前と後では、
    民進党や民進党から希望の党に鞍替えした議員たちのことが、重なる。
    やはり民進党は、在日が多いからまたそれにシンパシーを感じた者の集まりだから、韓国人によく似てる。

  5. 朝鮮語を知らぬ日本語話者なせいか、3回読んでも4回読んでも意味がわからない。
    もっと用法やこの2語が同じせいで混同される別々の日本語を示してみて下さい

    1. 最近別のサイトで書いたことなんですが、
      英語の freedom と liberty は日本語では両方とも『自由』です。
      (厳密には明治の頃に liberty には『御免』が当てられています)
      freedom はなんでもアリ、無法に例えられるような自由。liberty は法律や話し合いなどで許可された範囲で行使できる自由。
      文明社会における自由は liberty であり、他人の権利を妨げない範囲で許可された自由であるはずなんですが、日本では『自由』という言葉は「好きにさせろ」という意味で使うことが多いように思います。

      例えとしてちょっと違いましたか? すみません。

  6. 言い訳したくなる気持ちも、思わず言い訳してしまうのも分かる。

    でも、その言い訳で自己暗示をかけて、本気で誰かをネチネチといつまでも逆恨みしたり情けを強要するのは病気としか思えません。

    っと、これ↑どこかの「恨」と「甲の被害者」そのものじゃん。

    日本では「分かっちゃいるけど止められない」でグチグチ・クドクドと言い訳する男を「女の腐ったような奴」と言いますね。
    では、本気で逆恨み・情けを強要する奴は?「人間の腐ったような奴」?

  7. 今日の記事を見て朝鮮独立運動家だった安昌浩さんの言葉を思い出しました。
    「我が国を滅ぼしたのは、日本でもなく、李完用でもない。我が国を滅ぼした責任者は誰か?
    それは私自身である。私がなぜ日本をして我が祖国に牙を打ち込ませ、
    私がなぜ李完用をして祖国が売られるのを許してしまったのか?
     それゆえ亡国の責任者は私自身なのである。・・」
     これって、最近のロウソクによる朴大統領弾劾デモでも同様の
    現象が見られました。
     朴槿恵が悪い、崔順実が悪い。
     でも、彼らが国政を壟断するのを、受け入れた人々に対する弾劾は一切なされませんでした。(少なくともメディアを見る限りは)
     もちろん、国政壟断に積極的に加担して利益を得た人は司法によりそれなりの責めを問われるでしょうが。
     それを上からの指示としてやむを得ず受け入れた人、
    さらには、知っていて知らぬふりをした大勢の人々はどうなるんでしょう。
     きっとその人たちは、ろうそくデモに駆け付けたのでしょうね?
    私は悪くない、あいつらが悪いと叫びながら。

    1. その時大韓帝国は「滅ぼされた」わけではないし、李完用は裏切ったわけでも滅ぼした訳でも無いのですが。その人のセリフが歴史に刻まれた重要発言でその人のキャラを浮き彫りにする、と言う時には実際に大韓帝国が滅ぼされた事で、李完用が滅ぼした張本人であると言う前提が事実でなければなりません。つまりキリストを死なせたのは私たち(裏切り者含む弟子衆やその周辺の見ていた町人)と言う場合の弟子の言葉と言う様な意味合いになるからです。
      しかし実際には李完用も力が及ばず、全体に李朝の私有物だった朝鮮半島の専制政治体制は機能不全に陥って居て、日本に地上げされて、李朝王族は日本の貴族の一部になってヌクヌクと貴族暮らしできた訳ですから「プロパティの運用に失敗したツケを日本に回して成功した」だけです。天皇と並んで白馬に跨り、無蓋の馬車に乗り、桁違いに立派な軍服を着せてもらい、親戚づきあい(嫁のやりとり)もしています。
      朝鮮人庶民や両班や女たちは全体として「国を滅ぼした」「国を失った」などは【元から無かった権利や義務を後から「持ってたモノを失った」と嘘ついて居るだけ】でした。「悲劇」になったのは李氏朝鮮時代で、その数百年の時を黄金時代の様に描かねば日韓併合を悲劇と描けないのです。

  8. 韓国が変わる為に、まずは国名を変える事から始める事をオススメします

    「大韓民国」・・・
    中国でも時たま話題になっているみたいですが何を持って「大」なんでしょう
    大嘘の「大」位しか思いつかない

  9. 意味の方は同じ言葉で正反対のこともありますね。話し言葉や俗語なんかに顕著でしょうか。本邦でも敬意を表していた「貴様」が乱用されて、後代では無礼な二人称代名詞になったり、かなり短い期間で「やばい」なんてのが否定、肯定の両方で使われるようになったりしました。

    日本語だと「所為」が近いのでしょうか。為した所と読み下して、ある行いと結果を繋ぐ語が、もっと広く原因や理由を指す言葉になった模様です。

    でですね、別の意味に別れてもいいような気もしますが、1の意味で既に「上手くいかなかったこと」と否定的な意味合いに寄っている様なので使われる際は2の用法が多かったのかなと曇らなくても推測できるかもしれません。
    一文字で短い言葉なのが、すごく基本語彙な感じがしますね。

コメントは受け付けていません。