韓国銀行総裁「日本との通貨スワップは中断されたまま」

さて、「やるべきだ」という主張はよく聞こえてくるものの、意外と公的な場での現状報告は珍しい、(韓国と)日本、米国との通貨スワップ関連です。

結論からお伝えしますと、「中断されたまま」で、再開に向けた話し合いなども無いみたいです。国定監査(国会が他の国家機関を調査すること)での韓国銀行総裁イ・ジュヨル氏の発言です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

イ・ジュヨル総裁は韓国の外貨保有高については「十分だと言い切れるほどではない」とした上で、

日本との通貨スワップは「政治的な理由で中断されたまま」、米国との通貨スワップは「協定が締結できる与件がまだ出来てない」と話しました。

日米との通貨スワップは韓国にとって「大きな意味がある」としながらも、「協議は進行していない」とのことで、再開に向けての話し合いそのものが行われていないようです。

また、この前やっと延長(?)となった中国との通貨スワップについては、「延長する前とまったく同じ内容で、裏面契約(裏の契約)などは決して無い」と話しました。

http://www.newspim.com/news/view/20171023000244

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

179+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5