防弾青年団、リッパート大使襲撃犯と同じ団体所属だった

この前、本ブログで紹介して大人気(?)となった防弾青年団ですが、新しいことがわかったのでお伝えします。

防弾青年団は、リッパート大使を襲撃したあのキム・ギジョン(金基宗)が所属していた団体が立ち上げたことが明らかになりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

防弾青年団はアメリカから入国拒否された・・とニュースが流れましたが、その時にどっかで聞いたような団体名が出てきて、調べてみたら、ビンゴでした。

http://v.media.daum.net/v/20171026105759324

 

団体名は、「戦争反対平和実現国民行動」。略して「国民行動」です。反日でもありますが反米が半端なく露骨な韓国の左派団体です。ぶっちゃけ、「従北団体」ですね。彼らは今月も、韓米共同軍事訓練(連合訓練)を中止しろと米国大使館の前でデモを続けていました。

リッパート大使を襲撃したあのキム・ギジョンも、この団体に入っていました。襲撃事件の直後、国民行動はキムギジョンを会員から除名し、リッパート大使に謝ったことがあります。

キムギジョンは複数の市民団体に所属し、自ら反日団体を立ち上げたり(会員はいなかったっぽいですが)しましたので、「国民行動」が大使襲撃事件に関わっていたかどうかはわかりません。

ただ、アメリカから見ると「危険な団体」としてマークされていたはずです。

そう考えてみると、今回の入国拒否は、アメリカ側が単純に反米韓国青年たちの入国を拒否しただけではなく、すでにアメリカが「国民行動」の会員名簿を確保していた可能性もあるのではないでしょうか。

青年たちは、「なんで私たちが入国できないんだよ!」と、米国大使館の前で抗議デモを続けているとのことです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

30 Replies to “防弾青年団、リッパート大使襲撃犯と同じ団体所属だった”

  1. 思うに・・・。
    駐韓米国大使館は「大使館で暴れられても・・。」と、一応ビザ出した。
    大韓航空は、発券を拒否。
    ユナイテッド航空在韓支店は「支店で暴れられても・・。」と、一応発券した。
    空港へ行って、チェックイン時に搭乗拒否された。
    暴れる暇無く、空港警備員にマシンガンを突きつけられて、空港から摘まみ出された。
    こんな所かな?。(笑)
    米国は、お前達を「好ましからざる人物」として、ブラックリストに載ってると言う事だ!。
    因みに、日本にも入国拒否されます。(笑)
    一言付け加えるなら、朝鮮半島有事の際には、北に逃げるしか方法が無いと言える。
    北に逃げれば、偉大なる領導者が即行「あの世に送ってくれる。」ぞ、独裁者は裏切り者が嫌いだから。

  2. 北朝鮮の工作って、実際韓国でどこまでうまくいってるのかね?
    そして、日本では・・・?

    詳しい人、教えて下さいませ。

    1. >実際韓国でどこまでうまくいってるのかね?
      「工作不要なぐらい」
      上手くいってます。

      鈴置さんだったかの話では、
      「工作しないでも、北野将軍様と南の将軍が『アメリカの軍事情報を共有』しているぐらい」
      だそうです。

  3. 又、こいつら コリンな〜 パフォーマー軍団 どこにアピールしてるのかね? 何処の親分か?金主か?「アメリカで、頑張ってますニダ
    見てますニカ?」 舐めてはいけません、アメリカ相手に。

  4. 思い上がりも、此処までくれば国宝級ですな!呆れるの通り越して笑うしかないね

  5. このニュース、自分も最初に読んだ時、何故ユナイテッド航空?って思いました。
    大韓航空かアシアナ航空に搭乗すればアメリカまでは行けただろうに。
    ユナイテッドだったから出国すら出来なかったんじゃないのか、まさか最初から行く気がなくパフォーマンスさえやっておけばアリバイ作りになるとか考えていませんかね。
    私も心が曇っていますが、若者たちの本気度を感じられなかったです。
    ネーミングも、ププッと笑ってしまうダサさだし。

  6. 弾劾を輸出するとか言ってたアレな集団ですかw
    入国管理局はしごとができるみたいですね( ´∀`)

コメントは受け付けていません。