「ユネスコが日本の圧力に屈服した」など

さて、本当は朝にエントリーすべきでしたが、ちょっと遅れました。ユネスコ、慰安婦記録関連です。

韓国日報によると、<・・NHKはユネスコの国際諮問委員会(IAC)の関係者の言葉を引用し、委員会がフランスのパリで開催された会議で、韓国と中国の市民団体などが提出した慰安婦関連資料2件を置いて関係国間の対話が必要であるとの理由を挙げて登録可否の判断を先送りしたと伝えた。事務総長が登録の可否を決定することになるが、委員会が意見を出さなかったことで慰安婦記録物のユネスコ登載も時間がかかったり、霧散で終わる可能性が大きくなったとの説明だ・・>、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171027170146248

 

ここから「続きを読む」の後になります

主な韓国側の反応は・・長く書くこともないでしょう。

上の韓国日報は「ユネスコが日本の圧力に屈服した」としているし、

ソウル新聞は「分担金2位(米国が脱退して今は1位)の日本が必死に阻止した」「ユネスコは真実を登載せよ」「(来年は制度が変わるため)これが最後の機会だ」などと報道しています。

http://v.media.daum.net/v/20171027033819675

 

※ニュース1の報道(本エントリーの3つのURLの中でもっとも下の方)によると、韓国と中国だけでなく、日本の市民団体も参加しています。

 

さて、それじゃ、韓国政府はこの件にどんな反応を見せているのか?ですが・・いつもの、あれです。

<・・外交部当局者は、「慰安婦問題を歴史の教訓に、将来の世代に問題の真実を知らせるための努力を継続していくことが、政府の一貫した立場」、「これは民間レベルでの今回の記録遺産登録推進の努力にも相通じているため、政府はこのような民間の努力を尊重し、支持する」、「そういう点で、慰安婦記録物がユネスコの関連手順に従って客観的で公正に審査されることができるよう、外交的努力を続けていく」と話した・・>

 

http://v.media.daum.net/v/20171027172947297

 

「(外交的に手伝うけど)民間がやったことだからうちは知らない」です。慰安婦像とまったく同じパターンですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

41 Replies to “「ユネスコが日本の圧力に屈服した」など”

  1. そもそも日本を卑下するための登録をいちいち許すユネスコがおかしいのであって、これが断念されたところで勝ちでもなんでもない。

    韓国が嘘つきで日本を卑下する国だという事実が登録されて、初めて日本の勝利です。
    これは実はアメリカの脱退が効いていると思ってはいますが。

  2. 「ユネスコは真実を登載せよ」
    その意見には日本も日本人も大賛成すると思いますよw

    「(来年は制度が変わるため)これが最後の機会だ」
    ちゃんとしたものなら、制度が変わったからといって何も問題ないはずですが、もしかして、いかがわしいシロモノを申請&登録するつもりだったんでしょうかw

  3. 帝国の慰安婦を資料に出せばよくないですかね?
    少なくとも問題は簡単じゃないことが分かる。
    裁判にかけられてることも含めてね。

コメントは受け付けていません。