韓国、口蹄疫埋没地の腐食進まず・・2千ヶ所以上が耕作地として利用中

韓国では口蹄疫が毎年のように騒ぎになりますが、やはりもっとも問題が大きかったのは2010年、2011年の全国的な口蹄疫の拡散でした。あの時、牛や豚を地に埋めた埋没地は、全国に「4,700ヶ所」あると言われています。

その埋没地ですが、まだまだ、埋めた動物の死体が腐食していない、とのことです。MBCが調べたところでは、いまだ腐熟(発酵し腐る)度は約20%。

 

以下、記事から引用します

<・・浸出水の観測用穴を開けてみると、有害ガス検知器の警報音が鳴ります。ホルムアルデヒドなどの有害ガスが流れ出ている意味です。別の埋没地も事情は同じです。「3年で腐りきる」と言った政府の発表とは異なり、ほぼ完全な形の豚の死体が出てきます・・

・・現行法上、家畜の死体を埋めた埋没地は3年、長くても5年で管理対象から除外されます。2010年と2011年の口蹄疫波動当時、全国に造成された埋没地は4千700ヶ所。48ヶ所を除いて、管理対象から除外されており、半分程度はすでに耕作地として活用されています・・

・・埋没地土の壌環境汚染と、ここで育った農作物の人体有害性も懸念される状況です・・>

http://v.media.daum.net/v/20171026203109769?rcmd=rn

 

これもまた、何度も何度も同じことが指摘されますが・・改善しませんね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5