中国が首脳会談の条件として韓国に「合意文」や「謝罪」を要求した?

「おまえらいったいなにがあった」とツッコみたくなる展開です。急に通貨スワップが延長できた(ブランクはあったけど)と思ったら、今度は中国が韓国への団体旅行を許可したというニュースがありました。韓国行の団体旅行の募集を、中国の旅行者が再び始めた、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171027205808457?rcmd=rn

さらに韓国は来月、中国との首脳会談の成立を目指し、「THAADはその議題にしない」と言い切りました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(韓国)大統領府は来月初め、ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の期間に習近平中国国家主席と首脳会談を成功させ、THAAD問題に包括的な決着をつけるという方針である。

27日、複数の与党側・青瓦台(大統領府)関係者によると、大統領府は韓中首脳会談が実現される場合、両首脳は、THAAD問題を取り上げない方向に、中国と調整しているという。THAAD問題が首脳会談で議題にならなかった場合、両国の葛藤が鎮火局面に入ったシグナルになる・・>

http://v.media.daum.net/v/20171027185300159

 

韓国側が勝手に漏らした内容かもしれませんが、THAADを議題にしない首脳会談が成立できれば、確かに表向きには「THAAD問題が後回しにされた」というイメージを与えることはできます。

ただ、この件に関して、妙な「噂」が出回っています。

中国側が、首脳会談の前提として、何か裏の条件を要求しているというのです。それは、「韓国側がTHAAD配置のことで遺憾または謝罪を表明すること」とも言われているし、「中国側に有利な内容のTHAAD関連合意書」だとも言われています。

政府は「事実ではない。そんな要求があっても応じない」としているので、いまのところは「噂」だろうとは思いますが・・もし合意文書を要求されたとして、それが未公開のものだった場合は、どうするのか?な気もしますが。

http://v.media.daum.net/v/20171028030556391

 

「タイミング的に」という根拠しかありませんが・・例の通貨スワップ終了→延長の間に、韓国と中国の間に何か「いろいろ話があった」ことだけは間違いない気がします。「おまえら、なにがあった?」と聞いても誰も答えてくれそうにない事案ではありますが。

重要なのは中国との首脳会談ではなく、米国との首脳会談のはずですが・・とりあえず、トランプ大統領の訪韓中にどんなことが起きるのかに注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

149+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5