中国が首脳会談の条件として韓国に「合意文」や「謝罪」を要求した?

「おまえらいったいなにがあった」とツッコみたくなる展開です。急に通貨スワップが延長できた(ブランクはあったけど)と思ったら、今度は中国が韓国への団体旅行を許可したというニュースがありました。韓国行の団体旅行の募集を、中国の旅行者が再び始めた、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171027205808457?rcmd=rn

さらに韓国は来月、中国との首脳会談の成立を目指し、「THAADはその議題にしない」と言い切りました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(韓国)大統領府は来月初め、ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の期間に習近平中国国家主席と首脳会談を成功させ、THAAD問題に包括的な決着をつけるという方針である。

27日、複数の与党側・青瓦台(大統領府)関係者によると、大統領府は韓中首脳会談が実現される場合、両首脳は、THAAD問題を取り上げない方向に、中国と調整しているという。THAAD問題が首脳会談で議題にならなかった場合、両国の葛藤が鎮火局面に入ったシグナルになる・・>

http://v.media.daum.net/v/20171027185300159

 

韓国側が勝手に漏らした内容かもしれませんが、THAADを議題にしない首脳会談が成立できれば、確かに表向きには「THAAD問題が後回しにされた」というイメージを与えることはできます。

ただ、この件に関して、妙な「噂」が出回っています。

中国側が、首脳会談の前提として、何か裏の条件を要求しているというのです。それは、「韓国側がTHAAD配置のことで遺憾または謝罪を表明すること」とも言われているし、「中国側に有利な内容のTHAAD関連合意書」だとも言われています。

政府は「事実ではない。そんな要求があっても応じない」としているので、いまのところは「噂」だろうとは思いますが・・もし合意文書を要求されたとして、それが未公開のものだった場合は、どうするのか?な気もしますが。

http://v.media.daum.net/v/20171028030556391

 

「タイミング的に」という根拠しかありませんが・・例の通貨スワップ終了→延長の間に、韓国と中国の間に何か「いろいろ話があった」ことだけは間違いない気がします。「おまえら、なにがあった?」と聞いても誰も答えてくれそうにない事案ではありますが。

重要なのは中国との首脳会談ではなく、米国との首脳会談のはずですが・・とりあえず、トランプ大統領の訪韓中にどんなことが起きるのかに注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

39 Replies to “中国が首脳会談の条件として韓国に「合意文」や「謝罪」を要求した?”

  1. これは主も感づいていると思うが、軍事機密情報を中国に渡すことだ。北朝鮮とも微妙に連携した動きになっているのではないか?

    韓国はついにやったな。

  2. 普通に考えて、あれだけ敏感に反応をしてみせておいて引っ張り続けた末に何も無しで関係正常化なんてしたら中国の妄想する今後の覇権に対して悪い前例となるのは明らかなので、韓→中への政治的対価の支払いなり強制力のある服従が裏で約束されていて、そのまま契約内容が発表されはしないとしても、説明を受ければ確かにそうだろうと素人目にでも思える程度には今後表面化されるのはまず間違いないと思いますね。
    特に今の韓国政府はアカの影響力が極大なので中国も脅迫が楽だったしょう。

  3. 韓国側が米韓同盟解消のロードマップでも提示したんでしょ
    同盟が無ければTHAADも無くなるしね
    トランンプ訪韓に合わせて反トランプデモをやってアメリカに嫌われる作戦も始まっているしね

  4. 中国が謝罪や遺憾表明なんて上っ面なモノを望んでくるとは思えないな。
    現実的に考えて、今更韓国がTHAAD関連で現状どうこうできるとも思ってないだろうし・・・もっと具体的・実利的な何かを捧げることが決まったんじゃないかな?
    例えば・・・中国の野望は軍事・経済において世界の覇者となり、米国にとって代わることだが、軍事面での障害であるTHAADを許す代わりに経済面で大きなモノを求められ、それを受諾したとか。
    経済面で中国が進めていることと言えば、物流・通貨を握ることによる支配、つまり一帯一路構想と人民元流通範囲拡大だが、韓国が対価として捧げられるとしたら・・・通貨の方だろうな。
    人民元流通促進や資本参入障壁撤廃なら、経済的にもプラスになるしいいことづくめだろ・・・属国化する危険性さえ許容できるなら。

  5.  韓国マスコミは、中韓スワップの調印文書を見せてもらった方が良い。韓国政府が公表していないのなら、公開請求すべき。

  6.  私の推測
     中韓スワップの合意文書は、まだ調印されていないのではなかろうか。例えば、韓国側は押印して中国側に渡してあるが、中国側からは押印するからねと言われているだけ、みたいな。あくまで私の推測です。

  7. 話の一端が出て来るという事は、密約が有ったと言えますね。
    THAADが棚上げ!、「棚上げ」ほど怖い物は無い。
    まず、北に対して中共の一応の圧力が効いてきて、ミサイル発射は当面無い形が整った。
    (北は、約束を破る可能性は十分有るが、今は一応説得に応じている状況。)
    米中間の(朝鮮半島有事後の処理に対する)密約が、纏まりつつ有る状況ですね。
    話が纏まれば、米国は実行に移すまで・・・。
    中共の韓国に対しては、恫喝で決着付けた。
    中共への投資(朝貢)、日米の機密情報の漏洩(朝賀)を約束させられた。
    で、スワップ延長した。
    だとすると、スワップの期間と言うか、中共側から「何時でも切れる。」条件が付帯してるかも?。
    なんとなく、日韓併合直前の状況に似てると思うのは俺だけ?。
    日米の機密情報は、確実に漏れるね。
    米国は、一応中韓の密約内容を知ってるはずなので、トランプがソウルでどれだけ怒鳴るかがみものですね。
    トランプが「頼むに足らず。」と思えば、韓国は半島有事で灰燼にきすのみですね。

  8. トランプ大統領の訪韓を目の前にして
    このニュースは、デモのニュースと合わせて、他人事ながらまずいんじゃないかと。

    「私達、紅組になります」そんな宣言に見えてしまうのですが。

コメントは受け付けていません。