朴裕河教授(2015年)「ただ恵まれた人に敵対するだけの力など、要らない」

もう皆さんもご存知でしょうけど、「帝国の慰安婦」の朴裕河(パク・ユハ)教授が、有罪判決となりました。彼女は大法院(最高裁判所)に控訴するとのことで、最終的にどういう判決になるのか、注目されます。ちなみにこれは刑事裁判でのことで、民事裁判ではすでに有罪が確定、9000万ウォンの支払いを命じられています。

前にも書きましたが、私は彼女の本や努力は尊重されるべきだと思ってはおりますが、彼女とはスタンスが合わないほうです。彼女は何があっても「両国の和解が大事」としているためです。私は、最初から和解を目標にしてはいけない(和解を前提にしてはいけない)と思っている人間でして。曇ってますから。

で、今日は、2015年に朴裕河教授がフェイスブックに書いた内容を紹介します。これは慰安婦とかは関係ない内容ですが、妙に本ブログと趣旨が合っている気もします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2015年、後に大統領候補の一人となり、「日本は事実上の敵国だ」など反日発言が激しかったことでも有名な城南(ソンナム)市長・イジェミョン氏が、朴裕河氏のことを「清算すべき親日残滓」としながら「どうして朴裕河のような人と同じ空の下で息をすることになったのだろう」と彼女を非難したことがあります。

あの時、朴裕河教授がフェイスブックに載せた文です。

・裕福な環境で育った人(朴槿恵当時大統領)への反対が、貧しく育った人(イ・ジェミョン市長)」への支持につながるのは不幸なことだ

・重要なのは、それぞれの環境をどのように生きたのか、であろう

・イ・ジェミョンがたまに見せる暴力的な動きは、朴槿恵が大統領候補討論会と、すぐにナーバスになる「姫みたいな態度」にとても似ている

・成功した結果は、不幸な環境を勝ち抜いたという証拠になれるわけではない。(イ・ジェミョン氏が)中高校にちゃんと通えなかったことは、彼の汚点にはならない。しかし、恵まれなかった人の孤独な努力が、恵まれた人の「力」に敵対するためのものでしかないなら、その努力は、所詮は世の中に向けて拳を振り回しているものでしかない

・内なる自分を満たすこともできない「穴だらけの骨」状態で振り回す拳は、私たちが本当に必要としている力ではない

http://v.media.daum.net/v/20171027165942176

 

本ブログで書いてきた韓国社会の問題・・というか韓国人の精神世界に「情緒」の領域になってしまった様々な歪み。それらは、共通的に、「共産主義でもやってみたら?」という呆れたツッコみを誘うものばかりです。「底上げ(下の向上)」ではなく、「天井崩れ(上の下向)」を望む心理が明らかだからです。

この文も、似たような指摘に見えなくもないですね・・・

ま、共産主義になったらなったで、次は「民主主義欲しいー」と駄々をこねるでしょうけど。

 

 

ヘッダー画像(扉ページの写真)が好評のようで、ホッとしております。

去年の9月に秋葉原のドール撮影スタジオで撮った写真です。ハロウィンが終わったら、紅葉の写真に変えてみようかと思っています。もちろん、いつもの富士山の写真が基本設定になります。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5