国防部長官が「北朝鮮、いつか崩れる政権」と話し、文句を言われる今日この頃

昨日書いた内容と関係あるエントリーになります。ソン・ヨンム国防部長官が、「北朝鮮問題についてどう考えているのか」という国政監査(国会が他の国家機関を調査すること)での質問を受け、いろいろ答える中、次のように発言しました。

「北朝鮮は、いつかは崩れる政権だ」。

直接聞いたわけではありませんが、ニュアンス的に、「金正恩政権は、そう長持ちしないでしょう」とも取れます。

ですが、この件でソン長官が叩かれています。

 

ここから「続きを読む」の後になります

理由は、「文在寅大統領が北朝鮮の体制維持を宣言しているのに(7月、ベルリンでの演説でそう言い切りました)、なんで長官が逆の意見を述べるのか」です。

ソン長官は前にも、「なんで『斬首作戦』と話したのか」と文句を言われたことがあります。軍事政権の頃から、金日成斬首部隊というものがありました。もちろん、実際に彼らが何か功績を残せたわけではありませんが、「常に待機している」と言われていました。文政権になってからも、ソン長官が「金正恩斬首作戦」というものを言及したことがありますが、その際、大統領の統一・外交・安保特別補佐官ムン・ジョンイン氏から「斬首作戦って、不適切な言及だ」と叩かれました。

また、ソン長官は、韓国の核兵器配置にも賛成している、と言われています。これも文政権の方針とは逆です。

http://v.media.daum.net/v/20171031000841991

 

今回も「不適切な発言だ」と文句を言う主役は特別補佐官ムン・ジョンイン(文正仁)教授だそうでして・・この人、6月には「THAAD配備が崩れると韓米同盟も崩れるとか言う人がいるが、武器の一つにすぎないTHAADで崩れる同盟なんて、そんなの同盟でもなんでもない。そんな同盟を信頼しろとでも言うのか。THAADは韓米同盟のすべてではない」と話したこともあります。

「大統神」文在寅氏の特別補佐官ですから、長官も彼には勝てないでしょう。

 

国防部長官という立場の人が、「違法占拠」となっている北朝鮮に対して「崩れるだろう」と話したことで、なぜここまで否定的な意見を言われなければならないのか。反共教育を受けて育った私からすると、本当に「別の国」になった気がします。

 

個人的には、金正恩政権は「嫌だけど、なんだかんだで長持ちし・て・し・ま・う・のでは」な気もしますが・・・

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

104+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5