韓国、中国に「これ以上THAAD追加配備しないし日本とも軍事同盟しないから仲良くして!」

日本側でも報道されたようですが、韓国と中国が「関係改善していく」という合意文を発表しました。韓・中の交流や協力を進めることが両国の利益になる、あらゆる分野の交流・協力を出来る限り早く通常の発展軌道に戻す、そんな内容だそうです。

中国がTHAADの韓国内配置を認めたわけではありません。「中国がTHAADには反対するけど、現段階での葛藤はとりあえず終わりにするという趣旨だ」、というのが韓国側の説明です(下のURL)。

http://v.media.daum.net/v/20171031120951638?d=y

 

ここから「続きを読む」の後になります

韓国内では、「偉大なる民族の指導者文在寅同志がまたやってくださいました」・・・とまでは言わないけど、歓迎する雰囲気が圧倒的に強いです。

でも、いくつか気になるポイントがあります。

特に、昨日、外交部のカン・ギョンフン長官が話した「新・3NO(3つのノー)」の存在は大きいでしょう。

・THAAD追加配備計画は無い

・韓国は米国のミサイル防御システム(MD)に編入しない

・韓米日同盟は、軍事同盟にはならない

彼女はこれを国会の国政監査で話した後、中国とTHAAD関連で「すぐ良い知らせがあるだろう」と話しました。

http://v.media.daum.net/v/20171031163305085

 

この3つを、トランプ大統領の訪韓前に韓国外交部長官に「言わせておく」ことができた中国。中国としては悪くない「買い物」ができたといえます。

中国が「(いわゆる)THAAD報復」関連で遺憾表明などしませんでした。いや、合意文には、そんなことがあったとするニュアンス(そんなことがあったと認める)すらありません。

ということは、「気が向いたらまたやればいい」だけのことですから。

 

中国「チョロいね。後は適当に中華料理出して首脳会談でもしてやるか」

米国「韓国さん、何か私に言うべきこと無い?」

韓国「ハッピーハロウィン」

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

 

 

 

 

163+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5