「日本の力に負けたから、中国の力で勝とう」

これでも一応はキリスト教系列の、ノーカットニュース(CBS)の記事です。

さて・・記事を引用する前に簡単にまとめてみると、「慰安婦記録のユネスコ登載が失敗したのは、日本の力のせいだ。だから、中国の力で勝とう。日本はユネスコの分担金10%、中国は8%だけど、中国は米国の脱退を狙って分担金を10%に上げる可能性がある。だから中国と仲良くしていると勝てる」。そんな内容です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

「日本に閉ざされた慰安婦、解決法は中国を抱き込んでの力の規制」

<・・韓国が中国との微妙な外交摩擦を続けている現実で、これ(慰安婦記録のユネスコ登録失敗)に対する解決のポイントを見つけて外交を正常化させ、過去史問題に対する日本の組織的な戦略に共同対応できる余地を作り出さなければならないというのがシム所長(※)の要請だ。

※慰安婦問題でいろいろ講演したりした人だそうです

彼は「東アジアの歴史葛藤の核心は戦犯国日本であり、安倍政権が長期執権する現実では、国際舞台は最終的に力の規制のほかの方法がない」とし「その力の規制力は、冷静に見ると、結局は中国にある。中国のとの協力関係をよく備えていない状態で、日本の戦略に勝つのは現実的に難しい」と診断した・・>

http://v.media.daum.net/v/20171031125701216

 

単に慰安婦問題だけでなく、この考え方は、韓国の様々な政策において影響を及ぼしています。

韓国は中国との関係において「反日」たる共通点から大きなカタルシスを感じています。真の「価値観の共有」でもあります。

それが、「日本と仲が良い米国」への絶望と共に、韓国が日米陣営から離れていく大きな要因の一つになっているのは、言うまでもないでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

46 Replies to “「日本の力に負けたから、中国の力で勝とう」”

  1. 私的、疑問なんですけど。
    なぜ韓国は、自力で分担金を支払う様な国に為ろうとしないですかね?。
    分担金支払えないから、多く支払っている中国にすり寄ろうとする姿勢は、恥ずかしくないのか?。
    中国人に笑われてる事に、気が付かないのか?。
    そもそも、作り話が「遺産」に認定できない事を、世界は知って仕舞った事に気付よ。

  2. 東学党の乱
    韓国では甲午農民戦争 らしい。けれど、

    小さな集会から大きな行動へは
    彼等が信奉する最高理念なのだと思います。
    近世を拒む歴史観 というか
    否 近世って何? て何故なら、尚更。
    その「尺度」は日本人が植え付けた植民地史観ですから
    一理あります。

    で、それに代わる史観が
    マルクス系+半島伝統の墓を暴く のハイブリットが
    今の政権の目指すトコロなのやも。

  3. 韓国は連合国の反対、批難を無視して武力で日本の竹島を侵略。
    中国は国際社会の反対、批難を無視して武力で南シナ海を侵略。
    中国は国際司法裁判所を拒否し尖閣諸島も武力で不法占拠する戦略。
    第2次世界大戦後に軍国主義化したのは韓国と中国だな。

  4. 「『端午の節句』を我々に返すアル!」って言われて「アイゴー!宗主国様にはウリナラに対する愛は無いニカーーーッ!」と叫ぶが、「我々には、そんな無駄なモノを持つ必要は無いアル!」と恫喝されて黙り込むまでが、朝鮮大衆演芸の定石ですよね。

  5. だけど移民先は中国より米国なのではないでしょうかね?
    憧れてるのも中国ではなく米国なんじゃないかな。
    中国にすり寄るのは便宜上であって、アメリカに捨てられかかってるから自棄になってるようにも見えます。

  6. 今、また デイヴィット ハルバースタム著 「ザ コールデスト ウインター 朝鮮戦争 上下」 読み返してます。

  7. 鈴置さんのコラム、本日更新。
    【米国はいつ「韓国放棄カード」を切るのか(真田幸光教授と「金融」を通してアジアの火薬庫を読む(2))】
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/102500135/

    中韓スワップからの~金融の話か・・・IMFに追い込むかどうか。
    鈴置さんは追い込めばいい派。現に通貨で脅していると。
    真田幸光教授という方は疑問派。米国は劇的に国力を落としているからと。

  8. 韓国人はよく「戦犯国」という表現を使いますよね。

    これ、連合国側のスタンスからはおかしい表現なんです。
    ポツダム宣言から一貫する連合国側のスタンスは、「戦犯(戦争犯罪人)である特定の悪人により日本国民が操られて戦争を起こした。ゆえに彼らを除去することで和解(日本の国際社会復帰)が可能になる。また彼らが再登場しないように日本を再教育する。」です。
    国と国民が一体化した日本が怖いからこその国(政府)と国民の分離が目的なんです。

    まあ当時から日本も欧米も理解していた建前なんですけどね。戦犯がスケープゴートというのも共通認識なわけで。(中国も指導者層は理解しているけれど、愚民は理解できないから靖国が問題になる。)
    まあ韓国に理解せよというのは無理だけど、指導者層まで中国の愚民レベルというのはなあ。

    それにしても、朝鮮戦争で統一を邪魔され大量に国民を殺され、あまつさえそれを誇っている中国に対して、それ以前の「歴史」でここまで協力を求めるのは、ある意味で凄い。

コメントは受け付けていません。