韓国、トランプ氏に「独島産エビ」

トランプ氏の食事メニューがマスコミに紹介されましたが、そこに「独島産エビ」が明記されています。

<・・ムン・ジェイン大統領とドナルド・トランプ大統領が7日、大統領府迎賓館で共にする国賓晩餐に、ムン大統領の故郷である巨済島産カレイと全北ゴチャン産韓牛、独島産エビが上がる。トランプ大統領の普段の好みに韓国だけの色を加えた国賓のための食卓である・・>

http://v.media.daum.net/v/20171107101700644?rcmd=rn

 

 

ここから「続きを読む」の後になります

食べたことはありませんが、竹島のエビ(ドクト セウ)は、韓国ではかなり高価の食材です。

わざわざマスコミにメニューが紹介され、そこに名を上げているのが気になります。牛肉ならわかりますが、3つの食材を取り上げながら、わざわざエビ(小さいのでメインの食材とは言い難い)を取り上げるとは。

こういう食事の際には、食べる人にもメニューと食材を簡単に説明することになっている・・・と思いますが、その時に独島を英語でなんと読み上げるのでしょうか。もしかすると、DOK-DOとでも読み上げるつもりなのでしょうか。

曇った見方をすると、わざわざメニューを公開してマスコミで流している点、韓国側なりの日米首脳会談に対する「嫌がらせ」かもしれませんね。それとも、私の考え過ぎ。

後者ならいいですが。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

167+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5