韓国、原子力潜水艦「韓国で作る」ことに

核潜水艦(原子力潜水艦)のことでいろいろニュースになりました。最初は「米国が韓国に原子力潜水艦を売ることにした」という話もありましたが、「米国が原子力潜水艦を他国に売った前例がないのにどうしたことか」という指摘がありました。

結果、今日の中央日報の報道によると、「韓国で(米国から技術移転などを受けて)作る」ことにしたようです。したというか、最初からそんな話だったのでしょう、「米国が手伝うことにした」、または「韓国の原子力潜水艦保有を認めた」レベルの。

http://v.media.daum.net/v/20171109014950258?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さて、中央日報は、専門家の意見として「文大統領の任期中に作れる」、「早ければ3年で作れる」としています。

文在寅大統領としては、任期中に戦時作戦統制権を韓国に移譲させるという目標を持っているので、確かにそうしたい部分もあるのでしょう。彼にとって韓国の戦力強化は、「北朝鮮問題に備えるため」ではなく、「戦時作戦統制権の移譲のため」ですから。「日本に備えるため」というのもあるでしょうけど。

 

・・・ですが、世の中そう甘くないというかなんというか、早くから「米国が原子力潜水艦を他国に売らない」と指摘してきたニュース1の記事によると、こちらも専門家の意見として「早くても8-10年はかかります」ということでして。

http://v.media.daum.net/v/20171108143700666

 

韓国軍関連では、あまりにも「ネタ」が多いので・・作る期間の問題というか、「作る」と言い出した時点で悪い予感しかしかせん。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

 

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5