韓国外交部、日本側の抗議に謎のコメントで抵抗

トランプ大統領に、慰安婦を抱擁「させ」、独島エビを食べさせた韓国。

日本側は昨日この件で抗議し、今日は河野太郎外相も韓国のカン・ギョンファ外交部長官にこの件を抗議しました。

それに対して、韓国外交部がよくわからない声明を出したので、紹介します。

 

ここから「続きを読む」の後になります)🗽

「今回の国賓晩餐のメニューと招待対象は諸般の要素を総合的に勘案し決定したもので、このような事案について問題を提起することは適切ではないと思う」です。

http://v.media.daum.net/v/20171109155605668

 

・・・・・?(AA略

「今回の国賓晩餐のメニューと招待対象のような事案について」は問題提起の対象ですし、

「問題を提起することは適切ではないと思う」は韓国側の結論ですから、

問題と結論の間、結論の下した理由または理由に準ずる何かにあたいする部分は「諸般の要素を総合的に勘案し決定した」だけのように見えますが、気のせいでしょうか。

 

これって、何をどう言われてもこれだけ言えば終わり、な気がします。

なぜ北朝鮮に人道的支援をするのか→諸般の要素を総合的に勘案し決定した

3NOしていいのか→諸般の要素を総合的に勘案し決定した

なぜ慰安婦合意を履行しないのか→諸般の要素を総合的に勘案し決定した

朴槿恵氏の罪は具体的に何なのか→諸般の要素を総合的に勘案し決定した

 

いっそのこと、次の国賓晩餐では、エビを抱擁させ、慰安婦をテーブルに乗せたら、どこの国からも抗議されないかもしれません。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

196+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5