浦項地震・・「あるはずの鉄筋が無い」

浦項(ポハン)の地震で壊れた建物の中に、「あるはずの鉄筋が無い」という指摘が相次いでいます。

http://v.media.daum.net/v/20171117000235105?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

記事本文では、浦項地域で部分的に壊れた建物を見た専門家たちは、あるはずの鉄筋が無い、または足りない、鉄筋をまとめる措置もちゃんとできていない、基礎工事に問題がある、などを指摘しています。いくつかの建物は「人が住むのはできない(撤去すべきだ)」とのことです。

さらに気になるのは、手抜き工事を指摘する動き・・例えば地上波とか大手マスコミとかで取り上げる流れが、思ってたより弱い点です。無くはないのですが。

ネットの一角では手抜き工事を問題視する意見もありますが、「李明博・朴槿恵が建築基準をゆるくしたせいだ」などの意見のほうが主流となっているようです。本記事のコメント欄でも、同じ趣旨のものが3番目に多い支持(いいね)を得ています。

やはり、いつものこと・・「改善は難しい」という結論になりそうです。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

165+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5