米、北朝鮮をテロ支援国家に指定

米国が、北朝鮮を再びテロ支援国家に指定しました。すでに安倍総理が支持を表明しています。

韓国のマスコミもこの件を大きく報道しています。聯合ニュースは、テロ支援国家指定の決定的なきっかけは金正男氏暗殺とワームビア氏の死だったという見解を載せています。金正男氏の暗殺の場合、それ自体も衝撃的な事件ではありましたが、暗殺に使用された薬物「VX」が、「大量破壊兵器(WMD)」に分類されていることも大きかった、とのことです。ワームビア氏は、観光に北朝鮮を訪れて、拘束され、脳死状態になった米国の大学生のことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮は1987年12月の大韓航空機爆破事件で1988年にテロ支援国家に指定されました。それからずっと指定されたままでしたが、2008年に各施設の検証に応じたことをきっかけに、指定が解除されました。

記事によると、テロ支援国家指定によって北朝鮮は「武器関連輸出の販売が禁止され、民間材料でありながら同時に軍用としても使用できる、いわゆる「二重用途」(dual-use)品目の輸出も制限される。また、当該国への米国の対外経済援助が禁止され、様々な金融などの分野制裁が課される」とのことではありますが、

「しかしながら、すでに国際社会からの二重・三重の制裁をされている北朝鮮の場合には、実質的な追加制裁の効果よりは、高強度の圧力を続けるという趣旨(の現れ)であると思われる」、とも書いてあります。

http://v.media.daum.net/v/20171121093747026

 

韓国で左派が掲げている「北朝鮮と米国の平和協定」はさらに遠い存在になりましたね(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

143+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5