国連司令部、(13日の)北朝鮮軍、軍事境界線超え発表。停戦協定違反確認

この前お伝えした、「北朝鮮軍が軍事境界線を超えたのか」の件、国連側が態度を変え、監視カメラの映像を公開し、「軍事境界線を超え、銃撃もしたことが確認された」と発表しました。

また、帰順した(韓国側に来た)兵は意識を取り戻した、とのことです。「南韓の歌が聞きたい。テレビをつけてくれないか」と話したとか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・国連軍司令部は22日、JSA(共同警備区域)亡命者の調査結果を発表し、「特別調査団は、この件で北朝鮮軍(※帰順兵を追撃してきた北朝鮮軍)が軍事境界線を越えて銃撃を加えたということと、北朝鮮軍兵士も一瞬軍事境界線を越えたことを確認した」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20171122104909963

 

韓国の統一部は「国際規定によって措置する」としていますが、超えた兵士本人も戸惑った(超えたことを自覚しなかった?)様子で、しかも軍事境界線を超えた時間が短いこともあるし、問題を提起するだけで終わりそうな気もします。

前にお伝えしたことの続報、特に帰順兵の回復をお伝えしたく、更新しました。

 

ここで北朝鮮が「民間がやったことだから知らないよーだ」と言ってくれればブログネタにできますが・・(笑

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5