執刀した医師が叩かれる・・「北朝鮮兵の中に寄生虫があると話したのは人権侵害だ」

北朝鮮の帰順兵が意識を回復したとのことで、まずは「なによりだ」と思いました。曇った心が少し晴れた気もします・・

・・・と思いましたが、また曇ることになりました。

韓国の左派の中でも極左と呼ばれる、でもちゃんと政党として議席も取っている「正義党」の国会議員が、執刀した医師(イ・グックジョン教授)を非難したからです。

なぜなら、兵士の臓器の中に寄生虫があることを発表したから、兵士の人権を侵害したというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

他にも執刀した医師のことを、ある人たちは「親米主義者」と非難し、ある人たちは「パルゲンイ(赤)」と非難しているとのことです。最近はSNSなどで李教授こそ「積弊だ」と言われたこともあるとか。

一部では、同じ医師たちの間でも「あの程度の手術は誰にもできるのに、演出やりすぎ」「お前なんかが新聞に載るなんてこれでいいのか」という非難があるとのことです。

この医師は、「私がビック5(韓国の5つの大きな病院)の医師だったなら、決して言われなかったであろうことだ」と話しました。李教授は、まだ出来てそう経ってない大学病院の医師です。病院長から「(北朝鮮兵関連の)ブリーフィングはもうやめるように」とも言われたそうです。

http://v.media.daum.net/v/20171122145039393?d=y

 

教授は、執刀して人を治しました。もっとも大事なのは、ただそれだけのこと。「医師」である彼が非難されるのはおかしいことです。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

183+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5