小学生たち「おばあさん(慰安婦)に名誉と人権を」「私たちの手で真の解放を」

韓国、旧日本大使館の前で開かれる「日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜集会」は今日で1310回目。慰安婦合意など、彼らにとっては別世界の話です。

いくつか、画像を紹介します。

http://v.media.daum.net/v/20171122125319691

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

http://v.media.daum.net/v/20171122125914791

この記事の題は、「日本政府は謝罪だけ(すればいい)」です(NEWSIS)

http://v.media.daum.net/v/20171122130332900

 

そして、画像は9月のものですが・・小学生たちをデモに参加するのもよくある「愛国行為」です。

http://v.media.daum.net/v/20170913151903181

 

書いてある内容を見ると、市民や学生が書いたようにわざと幼稚な方向にアレンジはされているものの(それとも元々この水準か?)、その主張は「慰安婦問題は人権、人道の問題」「慰安婦合意の破棄(戦後処理のやり直し=真の解放)」「日本の法的責任」「基本条約の破棄」という、韓国側の主張がそのままトレースされていることがわかります。

 

 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

144+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5