中国人団体旅行、まだ再開されず・・まさに「上官」の姿

韓国に来る旅行客の場合、日本人観光客は個人旅行客が多いけど、中国人の場合は団体旅行客が多いのが特徴です。

THAAD報復とかで韓国側が騒がしかった時にも、もっとも問題になったのは中国人団体旅行客でした。中国政府が団体旅行の許可を出してくれない、というのです。

この前の「3不(3NO)」で韓国は中国と仲良くなった!とまるでTHAAD問題など終わったように喜びましたが、中国では韓国への団体旅行がまだ再開されておらず、旅行会社も全然動いてないことがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

国民日報が「無駄だったか?全然動かないユーカー(中国人旅行客)団体旅行」と報道しています。

<・・実質的に両側首脳間の会談後にも中国人のパッケージ旅行は開始されていないからだ。中国最大のオンライン旅行代理店シートリップや観光会社は、本格的な韓国の団体観光商品を出してもいない。

韓国観光が再開されたとしても、団体観光ビザの許可、団体観光客を乗せる飛行機の使用許可などが下りてこないといけないが、中国政府から禁韓令を解いていないというのだ。

航空券の販売も低価格航空会社を中心とした一部の路線の販売が行われているだけである。免税業界では、この路線を利用する人たちはボタリ商人(※外国で物を買って、自国で再販売する人たち)がほとんどで、真の意味での観光客はまだ入っていないと話している・・>

http://v.media.daum.net/v/20171126201059303?rcmd=rn

 

いずれ再開はされるのではないか、と個人的には思っています。ただ、それも韓国側の態度をもう少し見てからになるでしょう。

「相手に、自分の顔色を気にするようにする」・・韓国が恐れる上官の姿です。中国と韓国の間に昔から存在してきた「上下関係」でもあります。

 

 

・シンシアリートゥデイ

ちょい風邪のようです(´・ω・`)。更新がすこしだけ遅れるかもしれません

 

NEW産経ニュース「編集者のおすすめ」で紹介されました!

http://www.sankei.com/life/news/171125/lif1711250008-n1.html

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

142+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5