大統領夫人に文句を言うな!市民団体が告訴すると国会議員を脅す

朴槿恵政権の頃、大統領本人でもなく市民団体が、「大統領の名誉を毀損した!」としながら他人を訴えることがありました。当時の産経新聞のソウル支局長の件もそうでした。

今回もまた、キム・ジョンスク氏(文在寅氏の奥さん)の名誉毀損で、市民団体が野党議員を訴えると発表しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

愛国国民運動大連合という名の市民団体は、自由韓国党(旧・セヌリ党)のリュ・ヨへ最高委員を告訴すると発表しました。キム・ジョンスク氏への名誉毀損として、です。

キム・ジョンスク氏が大統領府で干し柿を作りながら(柿を干しながら)新聞を読んでいる写真がある新聞に載りました。現政権は「庶民的だ」というイメージを強く出しており、そういうアピールの一環だったのでしょう。

リュ議員がそれを見て、「見せるためのショーにすぎない」「そんなに暇ですか。涙を流している国民が多いのに」などを発言しました。

愛国国m(以下略)団体は、「大統領夫人に非理性的な言葉を投げかけるのが野党の最高委員の仕事か」「敢にも(≒身の程知らずに)大統領夫人にショーがどうとか言うこと自体が、相手に傷をつけることだ」としながら、リュ議員を訴えると発表しました。

リュ議員は「民心にもっと気をつけてくれという意味だった」とSNSに書き込みを残しました。

http://v.media.daum.net/v/20171128135513154?d=y

 

こういうのが名誉毀損になるのか・・と思うと、大統領に関する文句はほとんど言えないと見たほうがいいじゃないでしょうか。政府は「民間がやったことだから知らない」と言うだろうし・・・

キョエー(怖い)ですね。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5