北朝鮮「核武力の完成」宣言

北朝鮮が発表した「重大発表」の中で、「核武力の完成」という内容があったので、詳しく何を意味することなのか気になります。

全開 前回よりは進んだイメージを出さないといけない」から適当に言ったのか、それとも彼らが考えていた核兵器の性能に本当に到達したのか、もし到達したならいつもの瀬戸際外交において次はどのような出方をするのか?気になるばかりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮側の声明の中には、『金正恩同志は、新しい型の大陸間弾道ロケット「火星-15」型の成功的発射を見守り、今日やっと国の核武力の完成という歴史的大業、ロケット大国の偉業が実現されたと誇り高く宣言された』とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20171129131227086?rcmd=rn

 

ただの形式的な発表ならどうでもいいです。でも、もし本当に「彼らの基準からしてもう完成した」なら・・・

北朝鮮が「核兵器の破棄(放棄)」するという選択は、もう無くなったと見るべきでしょう。強制力で破壊するか(開戦)、それとも北朝鮮を核保有国として認めて対話するか・・選択の幅が狭くなってしまいます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

119+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5