韓国、金利引き上げ・・「火刑」負債なるか

前に扱ったネタですので、続報扱いで更新致します。

韓国銀行(韓国の中央銀行)が、金利(基準金利)を引き上げ、1.25%から1.50%になりました。

http://v.media.daum.net/v/20171130095920225?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

表面的には景気が回復したから~とか言ってますが、1400兆ウォンを越え、急激に増えつつある家計負債を考えると、韓国としては金利引き上げを行う理由は1つだけです。

来年には、米国が金利をさらに引き上げ、米国と韓国との金利逆転(米国のほうが韓国より金利が高くなる)が確実視されるはずです。

日米なら、金利がどちらが高くても「それに合わせた戦略」があるものですが、韓国の場合は金利が米国より低くなると、「外貨(外国資本)が韓国から離れる」心配があるわけでして。

さて、韓国銀行側は『慎重に』と言っているものの、来年にも2~3回は上げるとの予測もある韓国の金利。通貨高、不動産、家計負債にどのような影響をあたえるのか。

家計負債は火刑負債になるのか?

要注目です。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5