「セウォル号とは違う」というけれど

釣りのために出向した釣り船が給油船と衝突、13人が死亡、2人が行方不明になりました(URLだけ載せます)。

http://v.media.daum.net/v/20171203160819893

悲しい事故ですが、本エントリーは自己自体ではなく、各マスコミの報道に共通する「あるコンプレックス」について書いてみたいと思います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もうお気づきでしょうけど「せ、セウォル号とは違うからね。本当だからね」という書き方です。

もっとも露骨なのがイーデイリーのこの記事で、文大統領がちゃんと指揮体制を取っていたことを取り上げて「セウォル号の時とは違った」と大々的に報道しています。こちらもURLだけ載せておきます。

http://v.media.daum.net/v/20171203103735000?d=y

 

それもそのはず、セウォル号も「積弊」ですから。朴槿恵氏を魔女狩りした新しい世界を切り開いた今において、セウォル号と同じことが起きては「いけない」のです。その心理はわかります。

でも、本当にセウォル号の時と違うのでしょうか。

今回の事件は、向こうから来る給油船を、釣り船が橋脚のせいで避けられなくなって発生したものです。ここは水の流れが強く、給油船など多くの船が行き来し、しかも橋脚がある場所。釣り船は今日沈没した船だけではありません。多くの釣り船がここを運航しています。

そういうのを放っておいて、大統領が陣頭指揮したから「セウォル号とは違う」と言われても・・・

余談ですし場所も違いますが、2015年、悪天候であるにも無理をして出向して船が故障、そのまま波に打たれて沈没した釣り船「イルカ号」というのがあります。15人死亡、3人行方不明。

変わるものがあるとするなら、犠牲者の累計だけかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

142+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5