「相手が避けるだろうと思った」

昨日の釣り船の件、やはりというかなんというか、いろいろわかったのでまとめてみます。

・大型船も行き来するところなのに釣り船が多く、前から苦情があったけどこれといった措置が無かった

・釣り船たちはいい場所を取るために午後6時頃になると一気に出港し、競争的にスピードを出す

・悪天候や霧などで出港しないと客たち(釣り船を予約した人たち)が猛抗議するため出港しないわけにもいかない

 

ここから「続きを読む」の後になります

・救命胴衣未着用、定員オーバーなどが多い(今回の事件で釣り船のほうがこれらを違反したという話はまだありませんが、生存者一人の救命胴衣がちゃんと膨らまなかったことが確認されています)

・(※追記)釣り船は、定員5人の船を22人に改造した船だった

・釣り船は地元の漁師たちが運航しているもので、10t未満は申告さえすれば営業できる

・衝突した給油船の船長は釣り船を発見したにもかかわらず「相手(釣り船)が避けるだろうと思った」とだけ陳述

・(※追記)事件当時、海警は船がなくて陸路で移動して、現場到着が遅れた。高速艇などが故障で使えなかったとのこと。

 

http://v.media.daum.net/v/20171204153146131?rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20171204030930769

http://v.media.daum.net/v/20171204091714945?rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20171203211836977?d=y

http://v.media.daum.net/v/20171204120025071

 

あいかわらず「大統領はよくやった」「セウォル号の時とは違う」などのマンセー記事が多いですが・・気のせいでしょうか。私にはセウォル号の時とそっくりに見えますが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

162+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5