北朝鮮に身体障害者が少ない理由

韓国のネットでは、「北朝鮮では、身体障害者を目にすることはそう無い」と言われています。

何年か前に脱北者たちの証言などを紹介するテレビ番組でそんな話があったとか。

これが「全て」の理由ではないでしょうけど・・その大きな理由の一つを、2007年脱北した北朝鮮の医師、チョ・スア氏はこう証言しています。今年1月のSBSニュースです。

http://v.media.daum.net/v/20170117201512700

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「事 ありません(≒要りません)」。先天的障害のある子を出産した産婦は、チョ氏に涙を流しながらそうお願いします(※赤ちゃんを処分してくれという意味です)

・「赤ちゃんの遺体を運ぶ日々は、地獄のようでした」病院では、生まれたばかりの赤ちゃんを、木の下に埋めました。チョ氏には、挫折感しか残りませんでした

・新生児の死亡原因など、「先天的障害」と言ってしまえばそれで十分でした

・誰もそれを問題視しませんでした

脱北者たちは、北朝鮮では先天的障害を持った人間は「どうせ生き残ることが出来ない」と口を揃えます。堕胎もかなり多いと言います。

これが、「北朝鮮では障害者が少ない」理由となっています。

ソース記事のコメント欄は、「南韓も同じ」「障害はほとんどが後天性だから理由にならない」などが多くの支持を得ています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

148+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5