平昌の宿泊施設予約率、6%・・ボッタクリ価格大爆発

冬季オリンピックが開かれる平昌の宿泊施設の予約率が、6%(施設数基準。客室数基準では14%)にすぎないことがわかりました。

問題は、やはりボッタクリ価格です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

平昌周辺には行ったことが無いので詳しくはないですが、韓国の特徴の一つである宿泊施設の両極化、「ちゃんとした観光ホテル」と「モーテル(日本で言うラブホテルみたいなもの)」しかない現象は、平昌とて例外ではないみたいです。

KBSの報道によると平昌の古いモーテルは、普通は1泊5万ウォン(5千円程度)前後。韓国で5万ウォン前後のモーテルというと、施設などはまったく期待できません。

ですが、そのモーテルが、オリンピック期間中は50万ウォン(約5万円)で予約を受けていた、とのことです。自治体などが取り締まって、なんとか15万ウォン代まで下げたものの、すでに評判はガタ落ちでした。

泊まらなければならないほど広いわけでもないし・・日帰りで行ってくるとする人が多くなったそうです。その場合、現地の店などはオリンピック特需を逃すことになります。

その「店」もボッタクリでしょうからどうでもいい気もしますが・・(笑

しかも現地のモーテルは、自治体などの取り締まりに対し、「じゃ、予約は受け付けない」とし、予約を受けていないところも多いとのことです。当日に来る客に高い料金で部屋を貸すためです。

http://v.media.daum.net/v/20171209062005151

http://v.media.daum.net/v/20171209093623401

韓国では、ボッタクリをバガジと言います。バガジは、前にも紹介(?)したことがありますが、水を汲む道具です。大きなひょうたんなどを半分に切ったものです。

「うちで漏れるバガジ、外でも漏れる」という諺があります。うちで漏れるバガジを外に持っていったところで、外でも漏れる。人が外で偉そうにしたところで、家の中で見せていた習慣でボロが出る。人の身についた習慣などはそう簡単には変えられない、という意味です。

バガジ料金もまた、うちでも外でも漏れます。オリンピックだからって変わることは何もありません。

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

155+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5