嘘は、もっとひどい嘘を作り出すしかない

オーマイニュースが、「日王を保護したマッカーサーが恥知らずの日本を作った」という記事を載せました。

一々「それは違う」と突っ込むとキリがないので、読んでいて特に呆れた部分だけまとめてみます。

・マッカーサーは青い目の天皇だった。裕仁日王より人気だった

・1945年8月15日に全日本人が自殺を覚悟していた。日王がもう戦いを止めるようによ演説すると、全日本人が喜んで祭りモードになった

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国人BC戦犯23人が死刑されたのにA級戦犯は7人しか死ななかった

・マッカーサーは日王を積極的に護った

・日本は前の戦争で太平洋アジア中国で2000万人を殺した

・日本が平和憲法を改正することは天皇を国家統帥権者とする再武装を意味する

・マッカーサーと連合軍がちゃんと日本を断罪したなら今のような恥知らずの日本にはならなかっただろう

http://v.media.daum.net/v/20171212205400776

 

書いてある趣旨そのものは、前からあったものです。ただ、嘘というのは、次はもっと刺激的な嘘を作らないといけません。アクション映画の2が1より派手なアクションを見せないといけないのと同じです。

そのせいか、反日という嘘の内容は、あらゆる関連事案でどんどん悪化しています。嘘なりの必死さとともに。

 

余談ですが、同じ趣旨のエントリーにこんなのがありました。

2014年に旧ブログで紹介したものですが・・千田夏光という作家が書いた本で、中国語で出版されたものがあって、その中に書いてある旧日本兵の証言だそうで、『作家は本の中で、慰安婦1人が1日に平均370~380人の兵士を相手したといい、どれだけ悲惨なことであろうか想像もできないと指摘した』

http://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20140820110704289

※URLリンク切れ(毎日経済の記事でした)

24時間に370人だと・・24時間フル稼働、待ち時間ゼロにして、

1人3.89分になります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5