「慰安婦合意検証発表の前に安倍総理の平昌参席を決定させる」?

カン・ギョンファ外交部長官の訪日が19日に決まりました。

ただ、慰安婦合意を検証しているタスクフォースの結論は28日ということで、言及はするかもしれないけど、結論(ほぼ間違いなく破棄または履行不可発表)を伝えるのは訪日の後になるだろう、との予測が出ています。

その件で、「慰安婦合意検証発表前に訪日して、安倍総理の平昌冬季オリンピック参席の確約を得ておく」というニュアンスの報道がありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<17日、外交部によると、19日午後開かれる韓日外相会談で両大臣は、日韓関係、北朝鮮・核問題を中心に相互の関心事について意見を交換する予定である。

また、日韓日本軍慰安婦の合意2年になる28日を前後して導出される慰安婦の合意検討タスクフォース(TF)の結果発表についても言及するものと予想される。

また、一部で、慰安婦TFで否定的な結論を発表すると安倍晋三総理の平昌冬季オリンピック参席が難しいという報道が出てきただけに、安倍総理の平昌オリンピック参加問題も議論されるものと思われる・・>

http://v.media.daum.net/v/20171217105851520

 

「慰安婦合意の破棄・無効宣言の前に、安倍総理の平昌参席の確約を取っておく」というニュアンスに見えるのは、私だけでしょうか。

もし本当にそうなら、相当なめられたものですね。安倍総理も。

今回の長官訪日で、とりあえず参席の約束はすべきでない、ということになりますが・・・

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

161+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5