韓国、慰安婦合意の「後続措置」はオリンピックの後

中央日報、日本語版があったのでそのまま紹介します。

<韓国政府が韓日慰安婦合意タスクフォース(RF)の検証結果と政府の対応を分離する「ツートラック(two-track)方針」を固めたことが分かった。TFの結果は慰安婦合意締結2周年となる28日までに発表される予定だが、政府の後続措置は来年2月以降に出すということだ・・>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000001-cnippou-kr

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、「後続措置」としている時点で、すでに「最終的、非可逆的」に終わったとする合意の趣旨そのものを破ると宣言しているようなものとみていいでしょう。

昨日、本ブログは「安倍総理のオリンピック参席の確約を取った後に発表する気か」と書きましたが、

措置そのものを「オリンピックが終わった後」としていたわけですね。

 

さて、二月以降といっても、28日から、韓国マスコミにはその内容が「漏れる」でしょう。「漏らす」というべきでしょうか。

やはり、3月1日でしょうか。公式的に「慰安婦合意を履行しない」と宣言するのは。文大統領が、韓国歴史に残る偉人になる瞬間でも在るでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5