脱出路が無かった・すぐ引火する材質・違法駐車・・変わらない「人災」※追記しました

ジェチョン(堤川)という地方の商業ビルで火事が発生し、29人が死亡、26人が負傷する事件がありました。

死亡者はさらに増える可能性もある、とのことです。実際、2時間前までは死亡者が28人になっていました。

1階(駐車場)から火が発生した、ということですが・・その原因が、あまりにも「いつも通り」で、困ったものです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、どんなビルなのかというと、8階建てで、メインは結構大きな銭湯付きのスポーツセンターです。

犠牲者が多い理由としていくつかの記事をまとめてみると、

・外装材などがすぐ引火する材質でできていた(150人の死傷者を出した京畿道議政府の火災のときと同じく「ドライビット」、SBS、※下の追記を参照にしてください)

・脱出路が塞がっていた(「炎が1つしかない出入り口が完全に防ぎ、建物の内部に閉じ込められた人々が脱出できる道が封鎖された」、韓国経済紙)

・違法駐車車両が多くて消防車が現場に入れなかった

などが明らかになっています。

http://v.media.daum.net/v/20171221205403303?rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20171221215603040

前にも、多数の死傷者が発生した火災で、聞いた理由ばかりです。

古い施設なら仕方ないとも言えますが、銭湯やスポーツセンターなどビルのメイン施設(死亡者は殆どが2,3階で発見されている)は、わずか数ヶ月前にリフォームして再開場したものだ、とのことです。

セウォル号沈没事故の後、「マニュアル」の重要性をあれほど騒ぎましたが・・やはり、何も変わっていないようです。

 

※追記

コメント欄で指摘があったので、追記致します。

<・・韓国では有名な米国の会社の名前である「ドライビット」が、工法そのものを意味する一般名詞のように使用されている・・断熱材を外壁に使うだけに工期を大幅に短縮することができ、価格も安い。低コストで断熱効果も優れていて、米国やヨーロッパなどの多くの国でも多く使用される。

しかし、堤川(ジェチョン)火災惨事の主犯として指摘されている、いわゆる「ドライビット」工法が必ず火災に脆弱なものではない。断熱材として何を使用するかによって異なる・・>

※韓国ではほとんどがスチロホーム(発泡スチロール)を使っています

http://v.media.daum.net/v/20171222142929702

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

145+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5