(噂)UAEが韓国に「国交断絶」まで言った?

UAEが韓国に猛抗議、国交断絶まで言い出し、大統領府の秘書室長が慌ててUAEを訪問したという報道が出ています。一部では「UAEと、年末までに解決しないといけない重大な問題があった」とも。

これは政治界の噂話で、しかも野党(自由韓国党)代表の発言であるため、本当かどうかについてはわかりません。しかし、大統領府の秘書室長が特使のように外国を訪問すること自体が珍しいし、原発受注の時に顧問だった当時国家情報院メンバーが同行したこと、1ヶ月前に国防部長官がUAEを訪れたのに秘書室長がまた行く理由があるのかなど、不自然なところはいくらでもあるみたいです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

UAE側が抗議している理由は、UAEに韓国が建設している原発と関連した、文在寅政権が「李明博元大統領が『不正』をした」としたため、と言われています。文在寅政権が、原発受注で不正があったという話を広げ、UAEが激怒した、というのです。文政権が、李明博氏関連で何かを掴んだのでしょうか、それとも適当に悪口言っただけでしょうか?

どんな内容の不正なのかははっきりわかっていませんが、大統領府は違うとしながらも、具体的にどこがどう違うのかを説明できないでいるみたいです。疑惑について説明する場も今のところは予定ないそうで、カンギョンファ外交部長官も「大統領府が言ったとおり」としか答えませんでした。

http://v.media.daum.net/v/20171221122040280?d=y

 

もし本当なら、あれですね。「前の政権がやったことだから!」として知らん顔をすることが、外国からすると国交断絶に繋がるほどの「大事」であること。

慰安婦合意は朴槿恵のやったことだから!というスタンスの文政権ですが・・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

166+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5