慰安婦、「裏の合意があった」と朴槿恵前大統領など三人を告訴

ナヌムの家(分かち合いの家、慰安婦保護施設)と元慰安婦たちが、朴槿恵前大統領、ユン・ビョンセ前外交部長官、イ・ビョンギ前大統領府秘書室長の三人を訴えることにしました。裏面合意があったから、だそうです。

http://v.media.daum.net/v/20171228201951597

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いままでは「(慰安婦合意の)部分的な修正を狙うのでは」としていた韓国内の世論ですが、MBCニュースで文大統領の発言を「事実上の無効化宣言」とするなど、「無効化」「破棄」「再交渉」「新しい合意」などの言葉をメインに使っています。

また、カンギョンファ外交部長官が「前政府は善意で慰安婦合意をしたのだろう」と前政権を擁護するような発言をしたこと、そして政府がツートラック政策を維持するとしたことに非難が集まっており、

TF検証結果を日本に事前に説明したことすらも、非難されているようです。

マネートゥデーの記事(下のURL)によると、多数の市民団体が慰安婦合意の破棄を要求しているとのことです。

<28日、慰安婦被害者問題の合意2周年を迎え、合意破棄を主張する市民団体のデモがソウル都心で相次いで開かれた。前日、合意検討TF(タスクフォース)の発表で明らかになった裏の合意はもちろん、現政府の対応にも批判の世論が沸き立った・・>

http://v.media.daum.net/v/20171228155203633

文大統領、政府の対応はオリンピックの後にするとしていましたが・・

これじゃ、平昌冬季オリンピックが終わるまで待つことすらできるのかどうか、怪しくなりました。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

166+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5