韓国与党「慰安婦合意、絶対に認める訳にはいかない」

与党からは、早くも事実上の「破棄」宣言が出たようです。

与党、共に民主党のチュ・ミエ代表は、29日の最高議員会議で次のように話しました。

・慰安婦合意は政治の取引による産物に過ぎない、慰安婦合意を絶対に認められない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・真実を明らかにもせず、ただ覆う(真実を隠す)だけを目的の合意は、合意でもなんでもない

・被害者たちの口を封じるための合意を合意だとすることなどできない

・一握りの真実も、1㎜の真実もなくハンコを押したものを「1㎜も動くことができない合意」だと言い張ることなどできない(安倍総理の「1㎜も動かない」発言を受けての発言)

・世界の1等国家を夢見る日本が、欠陥だらけの合意にこだわることが理解できない

・慰安婦は日本の心からの謝罪なしではどうやっても解決できない尊厳な価値の問題だ

・慰安婦問題に対する日本の責任こそ1mmも動くことはない

・歴史は歴史通り解いて、未来は未来のとおりに解こう。歴史は真実であるという原則を損なうことなく、日本と韓国の未来志向的な協力関係を放棄してはいけない

http://v.media.daum.net/v/20171229091646358

 

今年の「普通の」更新はここまでです。明日の夜、挨拶代わりに簡単に更新し、通常更新は2日から再開致します。

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

194+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5