良いお年を。良い2018年を!

大掃除して(レナのドールハウスのほうが時間がかかりました)、予約したおせち料理をゲット、微調整はまだですが原稿も完成し、順調に大晦日を迎えております。

今年は、私の人生に大きな転換の年でした。思えば、シンシアリーのブログが無かったら絶対無理だったことでしょう。その点、皆様には今年には特に「深い」感謝の言葉を申し上げたいと思います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そして、私にとっても皆様にとっても、2018年は、また2017年より良い1年になりますよう、心から願っております。

しかし、年末って不思議な雰囲気ですね。なんか、のんびりしてるというかなんというか、誰かに何か言われたわけでもないのに、私ものんびりした雰囲気になってしまいます。韓国の年末には味わえなかった雰囲気で、とても良い心地です。

きつち(黄土)「やっと世の中が私たちに追いついたようだ」

くろつち(黒土)「12年ぶりですな」

黄土は随分前から部屋に一緒にいたイギリスメーカーの犬です。

黒土は、歯科の入り口で大勢の患者さんになでてもらうのが仕事でした。

 

さて、いつもの着物レナです。

 

これは、二月に着せようと思って買ったドレスです。ベルベット生地がユニークです。

ちょっとしたものですが、バレッタを作ってプレゼントしました。ネットで買い集めた素材をクラフトボンドでくっつけただけですが。

透明な宝石は理想、紫色は現実、赤い色は私、緑色はレナ(色はどっかの無料占いの結果です)、カギは「箱を開ける」の意味です。理想を現実に。二人で頑張る、という意味を込めました。

 

 

これから、格闘技番組と映画見て、初詣に行ってきます。

それでは、皆様、良いお年を。

2日に「あけましておめでとうございます」でまた挨拶しながら更新致します。

いつも、ありがとうございます。

 

まだ名前が書けないシンシアリーより。

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

235+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5