北朝鮮と韓国、9日に高位級会談・・なぜ急に?

北朝鮮が韓国との高位級会談を受け入れました。

この前お伝えした連絡チャンネルかどうかはわかりませんが、「電信」で返事が来たとのことで、議題の相談も「文書のやり取り」で行うとのことで、一部で報道された「連絡チャンネルの遮断を解いた」というのは間違いのようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮としても「ほら、話し合おうとする側面もあるのだよ」と米国側に見せる必要があったのでしょう。でも、先に話し合いましょうと言い出せない。そんなところ、韓国側が是非話してほしいと連絡してきて、それに応じることにした・・そんなところでしょうか。

もし北朝鮮が、「韓国との話し合い」と「ICBM発射」を同時に行うと、もっとも困るのは韓国になる恐れもあります。

さて、会談は9日。

なにか建設的な話し合いができるのか、注目したいと思います。

http://v.media.daum.net/v/20180105105632812?rcmd=rn

しかし、今日返事が来たとのことですが、それで9日とはあまり時間がありませんね。

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5