韓国検察、朴槿恵氏の財産を凍結申請

韓国の検察が、裁判中の朴槿恵氏の財産を凍結する方針を明らかにしました。

記事によると、「朴前大統領が今後裁判で国家情報院賄賂で有罪判決を受ける可能性に備えて、裁判所に追徴保全命令を請求する案を推進中だ」、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

朴槿恵氏が受け取った「賄賂」は36億ウォンだとされており、朴槿恵氏の財産は自宅、預金までで約37億ウォンです。偶然でしょうか。額もぴったり。

http://v.media.daum.net/v/20180108095139167

 

まだ確定ではないけど、どのみち、何かの形で彼女は財産も全て失うことになるでしょう。全斗煥氏みたいに「隠す」のがうまいならともかく・・

いま韓国社会が考えていることは、「どうすれば朴槿恵をもっと貶めることができるのか」に集中しているからです。

韓国は、朴氏が完全に「悪」になっているので、その悪を叩けば叩くほど、「善」になれると思っているのでしょう。

その心理「だけ」を見ると、なにかに似ている気もします。

加害者と被害者の立場は1000年経っても変わらないと言ってた彼女・・韓国への「許されない加害者」の立場になった彼女は、いまどんな思いなのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

148+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5