「慰安婦は、その気があるから慰安婦になった」と話した大学教授、罷免&在宅起訴

韓国の慰安婦「設定」に異議を唱えた、シュンチョン(順天)大学の教授が、大学から罷免され、不拘束起訴(在宅起訴)されました。

この教授は去年四月、「慰安婦たちは(慰安婦がなんなのかを)知っていて慰安婦になったんだ」「『その気』があるからおいかけたんだろう」と講義中に話した、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

どんな流れで大学講義中にそんな話をしたのかはわかりませんけど・・

とにかくこの件で、教授は「誠実と品位維持」ができてないという理由で罷免され、名誉毀損で不拘束起訴(在宅起訴)されました。

http://v.media.daum.net/v/20180112080711618

 

これが初めてでもないですけどね・・もうひとり、潰されたようです。

プライベートな場ではあったものの、私も韓国側の慰安婦「設定」は嘘だとする話を何度かしたことがありますが・・・

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

187+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5