資料「りっぱな臣民になりたい」→韓国紙「朝鮮人の悲しみを書いたものだ」

韓国のある古本屋で、1937年に大邱市で暮らした女子学生が書いた日記が見つかりました。

普通に資料として面白そうだから記事を見てみましたが、ちょっとおかしな部分があったので、書いてみます。

http://v.media.daum.net/v/20180113213320358?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日記に書いてあるのは、こんな内容です

・学校も登・下校のときにも、家でも、日本語を使うようにと校長先生が話した

・(日中戦争で)学校が騒がしい雰囲気に満ちている

・軍歌を学んで駅に行く兵士たちを歓送した

・日の丸を手に持って万歳三唱を叫んだ

・立派な臣民(皇国臣民)になれればいいな

・(キャプチャー部分)なにをやっても落ち着かず、ついミスをしてしまいます

他の部分も見せてくれるとうれしいけど、ちゃんと読み取れませんでした。

 

この資料(日記)を、大邱市博物館はJTBCにこう説明しています。

「朝鮮人でありながら日本植民地時代を生きている学生としての、二重的な悲しい姿をここで見つけることができました」。

いや、どう見ても違うだろう・・

と思いましたが、私がおかしいのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

182+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5