エアコン暖房

日本で暮らしながら、もっとも「ゼロから始める異世界生活」な感じなのが、エアコン暖房です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

前に住んでいたビルに比べると、今のマンションは新式ですから単純比較は難しいでしょうけど・・

ご存知でしょうか。韓国は、部屋の床の中をパイプが走っていて、ボイラーからそこに湯を流すことで暖房します。ボイラーの性能にもよるものの、特に灯油ボイラーの場合は、とてもコストパフォーマンスが良いとは言えません。給湯機能は燃費が悪いことで有名です。

ちなみに、韓国に多いチョンセ(家を借りること)の場合、ボイラーの燃費が悪くても、大家の許可が無いとボイラーを変えることなどできません。なかなかの大工事になるのも理由ですが。

 

日本に来て、夏には電気料金が韓国より安い気がしました。そして、日本で初めての冬ですが・・

エアコン以外の暖房を使わず、12月の電気代は約5500円でした。いつもより800円程度高くなっています。余談ですが、シンシアリーはガスはそうでもありませんが、電気と水道(お風呂)はかなり使うタイプです。

1月になってからは12月より暖房を強くしているので、多分、次の電気料金はもっと高くなるでしょう。

※以下、適当に1円≒10ウォンだとします※

でも、韓国にいた時、ボイラーの灯油代を冬季(2回注油)に6~7万円は使っていました。いつだったか、灯油価格が高くなっていた時、1回の注油で7万円払ったこともあります。

そんなつらい(?)思い出からすると、今の暖房価格は破格的に安いと感じられます。

自動にしておけば何とかなるし、空気もよく、またフィルターも自分で掃除するみたいで、安心です。加湿器さえつけておけばとても快適です。

まだ使い方に慣れていない(朝、寒い)のもありますが、タイマーなどでなんとかなるし、韓国より冬そのものが温かいこともあって、冬もまた快適に過ごせそうです、つか過ごしています。

それでは(・∀・)ノ

あ、そういえば、レナお着替えしました。Aラインコートです。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

204+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5