政府「最低賃金負担は本社が負うべき」本社「事業やめます」

昨日、キム・サンジョ公正取引委員長が「最低賃金の引き上げで発生する費用を社会的に分担しなければならない」という講演をしました。

それっぽい言葉を並べてはいるけど、要は「零細企業や小商工人以外が負担すべき」という内容で、加盟本部(※フランチャイズ店の本社のこと)が支援すべきだというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この話を聞いた、全国に30支店を展開している某フランチャイズ本社が、「事業をやめます」と公式に発表する騒ぎがありました。

その会社の代表はこう話しています。

「政府が最低賃金を上げ、その費用負担を加盟本部に押し付けている」、「加盟本部が昨年赤字だったのに、何を言ってるんだ。仕事をやめたほうがいい」、「国内では、フランチャイズ事業がますます難しくなっており、廃業する加盟本部が続出するだろう」、「そうなれば、多くの雇用が減り、失業者たちは創業の機会を失うだろう」

http://v.media.daum.net/v/20180120134445242

 

被雇用者は善で、店は悪で、店を雇用した本社はもっと悪で・・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

155+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5