ついに安倍総理の演説から「韓国は戦略的利益を共有~重要な隣国」が消える

「価値観を共有」が消えてから暫く経ちますが・・ついに「戦略的利益を共有するもっとも重要な隣国」も消えたようです。

国会の施政演説(多分、施政方針演説)で、安倍総理がいつも韓国を紹介しながら話していた「戦略的~隣国」が消えた、とのことです。

聯合ニュースはこの件を「意図的に韓国を疎かにしている」と報道しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<安倍晋三日本総理の、22日の国会施政演説では、韓国を意図的に格下げ・冷遇する雰囲気が最も目立った。

彼は今年の国政運営方針を明らかにする演説で「韓国のムン・ジェイン大統領とは、今までの両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上に未来志向的に新しい時代の協力関係を深めていく」と語った。

昨年1月の施政演説の「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」、「今までの両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上に未来志向的な新しい時代の協力関係を深めていく」に比べると、大きく変わっている。

最も明確な違いは、1年前に韓国に提示した「戦略的利益を共有するための最も重要な隣国」という表現が削除されたという点である・・>

http://v.media.daum.net/v/20180122161955093?rcmd=rn

 

使い回しの部分(失礼)はともかくして・・

「戦~国」の部分が消えたままなのか、すぐ復活するのか、にもよりますが・・「戦略的利益を共有する」が消えたのは、文たん、いや韓国としてはもっと重く受け止めるべき部分じゃないでしょうか。

総理が、周りの人たちと何の相談もせずにこんな表現を無くしたとも思えませんし。

慰安婦合意がこれじゃ、「両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上」を条件にしての「未来志向な関係」も、すぐ無くなりそうですね。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

200+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5